マイホーム

青空リビングは雨漏りの原因?雨漏り対策の金属防水とは?

青空リビングー雨漏り

桧家住宅で人気の青空リビングが気になってネット検索すると

「青空リビングは雨漏りするの?」

とか

「金属防水だから雨漏りの心配はない」

とか目にしますよね?

実際のところはどうなんだろう?と気になりませんか?

確かに、ネットっていろんな情報があってどの情報が正しいかわからないんだよなぁ。
家の場合は買って試すって事もできないから情報選びには慎重になるね。
あなた

こんな風に

「間違った情報を手にしたくない。」

「正しい情報で間違った判断をしたくない。」

と思う人は多いはず。

そんな人の為に桧家住宅のスタッフさんに聞いた話といろんなところに散らばっている情報をまとめてみました。

この記事を読んでわかる事

  • 青空リビングは雨漏りするのか
  • 雨漏りは何が原因か
  • 金属防水とは何か

この記事を最後まで読むことで雨漏りの知識が深まります。また、青空リビングが雨漏りの原因になるのかの判断もできるので参考にしてください。

こちらの記事、屋上庭園 『青空リビング』の評判 気になる性能と価格帯は?では青空リビングの人気の使い方や気になる価格についてまとめてあるので本記事と合わせて読むと知識が深まりますよ。

こちらもCHECK

屋上庭園 『青空リビング』の評判 気になる性能と価格帯は?

続きを見る

しばろう
それでは、最後までどうぞ!

青空リビングは雨漏りの原因になるのか?

結論から言うと、なり得ます!

ですが、これは青空リビングだからではありません。

そして、一つ補足すると「金属防水だから雨漏りしない」ということもありません。

青空リビングではない屋上やバルコニーでも雨漏りのリスクは当然のように抱えています。

では、何故「雨漏り」が起きるのかみてみましょう。

 雨漏りの原因

技術が発達したと言っても、直接雨風を受ける屋根のダメージは蓄積され、屋根スレートのヒビ、漆喰の崩れ、瓦のズレなどから雨漏りが発生するケースはいまだに多いです。

そもそもの原因としては、台風・地震による外的要因によるものと経年劣化があげられます。

また、雨漏りは屋根から水が侵入して起こるだけではなく、壁からの水が侵入して起こることもあります。

他にも雨樋にゴミが詰まって水があふれ、その水が思いがけないスキマから水が侵入するなんてことも…

このように数えたらキリがないぐらい雨漏りの原因は多いんです。

青空リビングの金属防水とは

雨漏りにはいろんな原因があることが、なんとなくわかってもらえたかと思います。

そんな、数ある原因で起こる雨漏りのリスクを減らすために、さまざまな防水方法がある中で青空リビングでは「金属防水」を取り入れています。

一般的に木造住宅のベランダやバルコニーではFRP防水を使うことが多いのですが、あえて「金属防水」…なんでか気になりますよね?この辺を少し深堀していきましょう。

金属防水ってどんな防水?

木造住宅のベランダやバルコニーではFRP防水が一般的と話しましたが、FRP防水はプラスチックにガラス繊維を混ぜて強度を強くした材料で非常に防水性の高い物と同時に紫外線に弱いというデメリットがあります。

FRP防水
長所:強度が強く防水性が高い
短所:紫外線に弱い

この紫外線に弱いというデメリットを考えると直射日光浴び放題の青空リビングには向いてないですよね。

そこで金属防水の登場です。

金属防水は軽量かつ強靭で耐食性・耐候性に優れていることが特長です。 金属防水は、揺れや、地震に強くメンテナンスが必要でないことから木造住宅バルコニーや屋上などの防水として多く使用されています。また材質が硬いので歩行性もよくちょっとした娯楽に使う事に適してます。

ですが、いいことばかりでは無く金属防水にも欠点があります。他の防水と違いジョイント部分(つなぎ目)より水の侵入の恐れがあるため水をためることができません。なので雨が数日降る時や雪が積もった時が心配かなと個人的には考えてしまいます。

また、防水自体のメンテナンスは不要ですが、排水溝へのゴミ詰まりなどのチェックは定期的に行わないといけないのが大変ですね。

金属防水
長所:揺れや地震に強く、メンテナンス不要
短所:全防水の中で唯一なぎ目からの侵食性あり

青空リビングでシート防水ではなく金属防水を取り入れている理由

木造住宅の屋上ではシート防水が採用される事が多いのが現状です。その理由としては、比較的安価で防水性に優れているという理由が大きいようです。

ここどけを見ると、

なら金属防水じゃ無くてシート防水の方がいいんじゃない?
あなた

と、思ってしまいますよね?

恐らく木造住宅の屋上でシート防水が採用されることの多い理由はここにあると思います。

ですが、桧家住宅が金属防水を採用しているのにもちゃんと理由があるんだと思います。

以下、わたしの解釈です。

まず、先程はもお伝えしたように金属防水にはメンテナンスが不要、バーベキューやプールなどのある程度の衝撃のある娯楽に適しているというメリットとジョイント部分(つなぎ目)から水が侵入する恐れがあるというデメリットがありました。

一方で、シート防水には比較的安価、防水性が高いなどのメリットがあり、一カ所破けたら全面張り替え、10年前後でメンテナンス(もしくは張り替え)というデメリットがあります。

それぞれのメリットデメリットを考えると、なるべくメンテナンス費用を抑える事を考えて金属防水を採用したと考えられます。

また、青空リビングは「屋上庭園」のキャッチコピーもあるぐらいなので、遊べるスペースと考えると衝撃やキズなどに強い金属防水

を採用したんでしょう。

青空リビングは雨漏りの原因?まとめ

青空リビングは雨漏りの原因になるかというと、なり得ます!

ですが、これは「青空リビングだから」ということでは無く、青空リビングを採用する事で雨漏りのリスクが増えるという事です。

必ずしも雨漏りするということでは無いので安心してください。

青空リビングに限らず、雨漏りを防ぐためには普段から排水溝の詰まりチェックや、強い衝撃を与えないように気をつける必要があります。

どんな作りの家でも雨漏りのリスクを抱えているので、普段から自分なりに点検などができるマメな人なら青空リビングを採用しても大丈夫だと思います。

あとは、本当にそのスペースが自分にとって必要なものなのかをちゃんと考えてから採用するかを決めた方がいいですね。

一人一人理想は違うし、生活スタイルも違うのでじっくり考えて間取りは決めていきましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

しばろう

副業ブロガー | ゆるしばブログ運営 【 本業 】ごく普通のサラリーマン ▶︎マイホーム検討時に悩んだ事や参考にした事について配信中 ▶︎いろんなハウスメーカーやいろんな間取りのメリット・デメリットをわかりやすく解説。 ▶︎様々な知識や情報をもとに家を購入して現在では快適な生活を送っています。【 桧家住宅で建築 】

-マイホーム