家づくりの不安や悩みを解決して楽しい家づくり快適な家づくりを始めよう!

赤ちゃんに歩行器はよくない?正しい使い方とオススメのアイテムを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
あなた

あかちゃんが歩けるようになるのを早めたい、でも歩行器は本当によくないの?

そんな疑問を抱えていませんか?。

この記事では、歩行器のメリットとデメリットを詳しく解説し、赤ちゃんの発達に最適な選択肢を提案します。

親として目指すのは、赤ちゃんが健康に、そして楽しく歩けるようになること。

そのためには、歩行器だけに頼らず、適切な発達を支える方法を知ることが大切です。

しばろう

結論を言うと、正しいタイミングで正しく使えば問題ないよ。

歩行器が赤ちゃんのバランス感覚の発達を遅らせる可能性があること、また、事故のリスクがあることなど、歩行器のデメリットを理解することで、あなたの赤ちゃんにとって最善の選択をする手助けになるでしょう。

また、歩行器の代わりになる、赤ちゃんの発達に良い製品や方法も紹介します。

これらを活用することで、赤ちゃんは自然な形で歩行能力を身につけ、その過程を楽しむことができます。

歩行器が赤ちゃんの成長に悪いのではなく、親がちゃんと環境を整えてから使う必要があるということを頭に入れながら読んでくださいね。

赤ちゃんにとって歩行器を使うことがよくないわけではありません。

この記事を読むことで、あなたは赤ちゃんの発達を適切にサポートする方法を学び、赤ちゃんの安全を確保しながら、その成長を見守ることができるようになるでしょう。

歩行器とはどんなアイテム?

歩行器とは、赤ちゃんがまだ一人で歩けない時期に使用する、支えとなるアイテムのこと。

形状は様々で、一般的には座席部分があり、その周りにフレームがついていて、赤ちゃんが中に座ることで、自分で進むことができるようになっています。

歩行器は、赤ちゃんが自力で立つことができるようになった時期、つまり腰が据わる頃から使い始めることが多いです。

歩行器を使うのはどんな時?

歩行器を使う目的は、赤ちゃんが自分で歩くことの楽しさを知り、歩行の練習をするためです。

歩行器は赤ちゃんにとって楽な道具で、自分でバランスをとる必要がないため、赤ちゃんが自力で歩くことを学ぶのが遅くなる可能性もあります。

そのため、赤ちゃんがつかまり立ちができるようになって、伝い歩きができるようになったぐらいに使い始めるのがいいタイミングです。

スポンサーリンク

歩行器のデメリット

デメリット

歩行器を使うことは赤ちゃんにとってメリットがありますが、反対にデメリットもあります。

歩行器を使うことによるデメリットをしっかりと確認したうえで使うようにしましょう。

歩行器を使うことのデメリット

  • 歩き始めのタイミングが遅くなる可能性がある
  • バランス感覚の発達が遅れることがある
  • 転落や、階段からの転倒などの事故リスク
  • 視点が高くなるため、物を置く場所に注意する必要がある

赤ちゃんが自力で歩くことを学ぶのが遅くなる可能性があります。

歩行器に頼りすぎると、バランス感覚の発達が遅れることがあるのと、歩行器からの転落や、階段からの転倒などの事故リスクがあります。

歩き始めのタイミングが遅くなる可能性がある

歩行器は赤ちゃんにとって便利な道具ですが、それが逆に赤ちゃんの自力で歩くことを学ぶ機会を奪う可能性があります。

なぜなら、歩行器に頼ることで、自分でバランスを取る必要がなくなり、その結果、自力で歩くことを学ぶのが遅くなることがあるからです。

バランス感覚の発達が遅れることがある

歩行器を使っているときは、赤ちゃんは自分でバランスを取る必要がなくなります。

これにより、自力で立つ、歩くといった動作を通じて得られるバランス感覚の発達が遅れる可能性があります。

バランス感覚は、歩行だけでなく、日常生活の様々な動作に必要な能力です。

転落や、階段からの転倒などの事故リスク

歩行器は、赤ちゃんが自力で動くことを支援する道具ですが、それが逆に事故の原因になることもあります。

例えば、歩行器からの転落や、階段からの転倒などの事故が起こる可能性があります。

事故を防ぐためには、大人の目の届く範囲で使い、安全を確保することが大切です。

また、歩行器を使用する場所は平らで、階段や段差のない場所を選ぶことも重要です。

視点が高くなるため、物を置く場所に注意する必要がある

赤ちゃんがハイハイしているうちは手の届く高さが低いため、テーブルの上に物を置いておいても問題ありませんでしたが、歩行器を使うことによって注意が必要になります。

歩行器を使うことにより、手が届く高さが倍近くになるのでいろんな物を手に取ってしまいます

テーブルの上なら大丈夫と思っていたものでも気が付いたら手に取って遊んでいることがあるので、落として壊してしまったり、最悪の場合は誤飲してしまう可能性があるので注意してください。

スポンサーリンク

歩行器を使うメリット

歩行器を使うことのメリットは、赤ちゃんが自分で動くことの楽しさを体験できる点です。

また、以下のようなメリットもあります。

歩行器を使うメリット

  • 自由に動くことで満足する。
  • 目に見えるものが増えて、新たな発見がある。
  • 親が少しの間、手を離すことができる。

自由に動くことで満足する。

歩行器を使うことで、赤ちゃんは自分が行きたい所へ行けるようになります。

部屋の中にあるものに自分から近づいて触れることができるようになれば、自分の意志で動く楽しさを知り、好奇心が刺激されます。

目に見えるものが増えて、新たな発見がある。

歩行器に乗って、赤ちゃんの視点が高くなることでこれまで見えなかったものが見えるようになり、視野が広がって新しい発見が増えます。

ハイハイの時には見えなかったテーブルの上にあるものが見えたり、窓から見える景色が変わり世界が少し変わります。

これは、赤ちゃんの認知発達を刺激する大切な経験です。

親が少しの間、手を離すことができる。

歩行器のテーブルにおもちゃ置いてあげると長時間集中して遊んでくれます。

そのため、歩行器に赤ちゃんが乗っている間は一時的に手を離すことができます。

このちょっとした時間に家事をしたり、用事を済ませることができるんです。

忙しいママさん、パパさんには結構大きいメリットですよね。

しかし、歩行器とテーブルや壁の間に指や手を挟んでしまったり階段からの転倒などの事故が考えられるので、常に赤ちゃんの様子を見て、安全を確保することが大切ですね。

赤ちゃんに歩行器を使わせてみようかな?という人は、同時に赤ちゃんはいつごろから歩き始めるのかが知りたいのではないでしょうか?そんな方はこちらの記事も読んでみてください。

赤ちゃんが歩くのはいつから?歩き始めのサインがないか観察してみよう!

スポンサーリンク

赤ちゃんに合った歩行器の選び方

歩行器を選ぶ際には、赤ちゃんの安全と快適さを最優先に考えることが大切です。

そのためには、安全機能のチェックと、生活仕様に合ったものを選ぶことが重要となります。

安全機能をチェック

歩行器の安全機能は、赤ちゃんの安全を確保するために非常に重要です。

以下の点に注意して選びましょう。

  • ブレーキ機能:歩行器が急に動き出すことを防ぐため、ブレーキ機能がついているか確認
  • 安定性:歩行器が倒れにくい設計になっているか、広いベースを持っているか確認
  • 階段落下防止機能:階段に近づくと止まる機能があると、事故を防げます。

これらの安全機能をしっかりとチェックすることで、赤ちゃんの安全を確保することができます。

日常の生活に合ったものを選ぶ

歩行器を選ぶ際には、自宅の生活環境に合ったものを選ぶことも大切です。

例えば、自宅の床材や間取り、収納スペースの有無などを考慮しましょう。

また、赤ちゃんの体格や発育段階に合ったものを選ぶことも重要です。

これらを考慮に入れて、最適な歩行器を選ぶことで、赤ちゃんも親もストレスなく使用することができます。

スポンサーリンク

おすすめの歩行器

赤ちゃんの発達をサポートするために、歩行器や手押し車を選ぶ際は、安全性と楽しさを考慮することが大切ですよ。

以下に、おすすめの手押し車や乗用玩具をいくつか紹介しますね。

永和 シンプルウォーカー (くま) マット付 -ブレーキ付-

永和 シンプルウォーカー (くま) マット付

子供向けの歩行器で、くまのデザイン、安全バー、取り外し可能なマット、調整可能な高さ、音楽機能、軽量で折りたたみ可能な設計、そして耐久性のある素材が特徴です。

写真下部の茶色いマットは脱着できて、付けないときは自由に動けてつけていつ時はストッパーの役割持ち、ブレーキ効果があります

JTC BABY てくてくウォーカー

JTC BABY てくてくウォーカー

JTC BABYのてくてくウォーカーは、楽しい機能が詰まった子供向けの歩行器で、丈夫なフレームと消音キャスター、多機能テーブル、ストッパー、手洗い可能なシート、3段階の高さ調節、そして折りたたみ可能な設計が特徴です。

赤ちゃん正面のテーブルは多機能型になっているので、普段使いの時はおもちゃを付けたまま、ご飯の時にはおもちゃを外してテーブル代わりにつかうことができます

ディズニー くまのプーさん 歩行器 6ヶ月から ミュージック&ライトウォーカー

ディズニー くまのプーさん 歩行器 6ヶ月から ミュージック&ライトウォーカー

ディズニーのくまのプーさん歩行器「ミュージック&ライトウォーカー」は、くまのプーさんのデザインと音楽・ライト機能が特徴の子供用歩行器です。

高さ調節が可能で、軽量なプラスチック製のため移動が容易です。

対象年齢は6ヶ月からとなっており、子供たちが楽しみながら歩行訓練を行うことができます。

テーブルのおもちゃは脱着式ではなく左右に開く使用になっていて、開いた状態では通常のテーブルとしてつかうことができます

オススメの手押し車

デメリットを考えると歩行器はちょっと・・・

という方には、歩行の練習になる手押し車もオススメです。

手押し車にはいろんな形の物やいろんな機能のあるものがあります。

子どもが好きなキャラクターの手押し車もあるので、興味を持って遊んでくれますよ。

BRIOの手押し車

BRIOの手押し車

スウェーデン発のおもちゃメーカー、BRIOの手押し車は、シンプルなデザインと高い安全性が魅力です。

赤ちゃんが自力で立ち上がることをサポートし、歩行の練習にも役立ちます。

野中製作所の手押し車

野中製作所の手押し車

国産の安心感と、丈夫な作りが特徴の手押し車です。持ち手の高さが調節できるので、赤ちゃんの成長に合わせて使うことができます。

アンパンマン よくばりビジーカー

アンパンマン よくばりビジーカー

アンパンマンのキャラクターがデザインされた、カラフルで楽しい乗用玩具です。

音楽やライトの機能が付いていて、赤ちゃんの五感を刺激します。

これらの製品は、赤ちゃんの成長と発達をサポートするためのものです。

しかし、どの製品も使用する際は、必ず大人の目が届くところで使い、安全に注意してくださいね。

まとめ:赤ちゃんに歩行器はよくない?正しい使い方とオススメの歩行器を紹介

赤ちゃんに歩行器はよくない?

本記事ではそんな疑問に対して回答をしてきました。

結論を言うと、歩行器は適切なタイミングで適切なタイミングで使えば赤ちゃんの成長を助けてくれます。

歩行器は、赤ちゃんが自立して歩くことを支援するための製品です。

歩行器のメリットとしては、

歩行器を使うメリット

  • 自由に動くことで満足する。
  • 目に見えるものが増えて、新たな発見がある。
  • 親が少しの間、手を離すことができる。

などがあり、デメリットとしては、

歩行器を使うことのデメリット

  • 歩き始めのタイミングが遅くなる可能性がある
  • バランス感覚の発達が遅れることがある
  • 転落や、階段からの転倒などの事故リスク

などがあります。

「赤ちゃんに歩行器はよくないかも」、「使うタイミングの見極めが難しい」、「ケガや事故のリスクが怖い」という人には手押し車もオススメです。

これらの製品は、赤ちゃんの成長と発達をサポートします。特に、BRIOの手押し車や野中製作所の手押し車、アンパンマンのビジーカーなどがおすすめです。

しかし、どの製品を選ぶにせよ、赤ちゃんの安全を最優先に考えることが重要です。製品の安全機能をチェックし、生活環境に合ったものを選ぶようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする