家づくりの不安や悩みを解決して楽しい家づくり快適な家づくりを始めよう!

壁掛けテレビの高さで失敗しない高さは何センチ?高さ調整金具で微調整!

当ページのリンクには広告が含まれています。
壁掛けテレビの高さで失敗しない高さは何センチ?高さ調整金具で微調整!

テレビを壁掛け式にしたいけど、テレビの高さを失敗したくない

こんな心配をしていませんか?

実は壁掛けテレビにしたものの、「高さを失敗した」と後悔する人って結構多いんです。

この記事では、壁掛けテレビの高さ設定でよくある失敗とその解決策を詳しく解説しています。

あなた

テレビを壁掛けにしたいけど、どの高さがいいのかわからないんだよね…。

しばろう

大丈夫、この記事を読めば、最適な高さが分かるよ。
それに、壁掛けテレビにすることによるメリットやデメリットについても知ることができるよ。

壁掛けテレビの高さを間違えると、見た目の印象が悪くなるだけでなく、長時間視聴したときの体の疲れにもつながります。

とはいえ、テレビの大きさや、テレビを見る場所とテレビまでの距離は家庭によって様々ですよね。

本記事ではスタンダードなテレビの高さや一般的に推奨される視聴者とテレビまでの距離の目安についても紹介していきます。

\高さ調整で失敗知らず/

壁掛けテレビの最適な高さは?

壁掛けテレビの高さを決める時に考えるべきポイントは「部屋の中でのテレビの役割」です。

テレビを中心に家族が集まるような空間なのか、それとも部屋の一角にある程度で、主にインテリア的な役割を果たすのか、この視点が重要です。

家具の配置や部屋の広さによっても変わるで、まずは部屋の全体像を想像してみてください。

この考え方で、テレビの位置を決めることが、最適な高さへの第一歩となります。

テレビの高さは床から1メートルくらい上の位置が理想

壁掛けテレビを設置する時の一つの目安として、床からの高さが約1メートルが理想とされてます。

この高さは、一般的なリビングのソファや椅子に座ったとき、テレビの中心がほぼ目線と同じ高さ、もしくは目線より少し下になるため、視聴時の負担が少なくなります。

人がまっすぐ正面を向いたまま目を閉じ、そのままゆっくりと目を開けると目線は真正面ではなく、少し下に目線が行きます。

この目線の先が直視し続けても負担の少ない高さです。

ただし、これはあくまで一例であり、部屋の大きさ家具の配置自身の身長によって最適な高さは変わります。

視聴のしやすさを考えるうえで、この高さを基準にしてみるのが良いでしょう。

シチュエーション別に高さを考えてみる

部屋の使い方や家具の配置によって、壁掛けテレビの理想的な高さは変わります。

例えば、ソファでくつろぎながらテレビを見る場合と、ダイニングテーブルで食事をしながら見る場合では、最適な高さが変わります。

また、寝室で寝転びながら見る場合もありますよね。

それぞれの生活スタイルに合わせて、テレビの高さを調整することが大切です。

視聴する際の姿勢を想像しながら、自分にとってのベストな高さを見つけてください。

スポンサーリンク

壁掛けテレビ設置の基本ポイント

https://twitter.com/atsushi_family_/status/1591283644936736768

壁掛けテレビを設置する際には、いくつかの基本的なポイントを押さえておくことが大切です。

まず、壁掛けテレビを設置する目的をはっきりさせましょう。

リビングの中心として活用するのか、あるいは部屋の雰囲気を整えるためのアクセントとして利用するのかによって、設置方法や位置が変わってきます。

壁掛けテレビの設置の仕方

壁掛けテレビを設置する際、最も重要なのは、適切な取り付け場所を見つけることです。

壁の材質や強度を確認し、テレビの重量を支えられるかをしっかりと確認しましょう。

また、視聴する位置からテレビまでの距離や角度も考慮する必要があります。

壁掛けテレビを固定する金具

壁掛けテレビを固定するための金具選びは、テレビを安全に設置する上で非常に重要です。

金具の種類には、固定式や可動式などがあり、部屋のレイアウトや視聴のスタイルに合わせて選ぶことができます。

固定式は位置が変えられない代わりに安定感があり、可動式は角度調整が可能で多角度からの視聴に向いています。

金具の取り付けには正確な位置決めと外れずグラつかない強固な取り付けが必要です。

壁掛けテレビにしたいけど高さを決めるのに不安がある人は、可動式の金具で取り付けて角度や位置を少し調整できるように保険を掛けておくのがオススメです。

\高さ調整で失敗知らず/

壁掛けテレビの見やすい大きさ

壁掛けテレビの大きさを選ぶ際は、部屋の広さやテレビまでの距離を考慮することが重要です。

大きすぎると部屋が圧迫された感じになり、小さすぎると画面が見づらくなってしまいます。

一般的に、テレビを見る場所からテレビまでの距離の約1.5倍から2倍の画面サイズが最適とされています。

たとえば、見る場所から画面までの距離が2メートルなら、40インチから50インチぐらいの大きさのテレビがちょうどいい大きさのテレビとなります。

部屋のサイズや家具の配置を考えながら、最適なテレビの大きさを選びましょう。

スポンサーリンク

壁掛けテレビのデメリット

https://twitter.com/tobiuo89098360/status/1435233989057462272

壁掛けテレビは人気が高く採用する家庭が多いのですが、デメリットもあります。

特に、設置場所の固定性壁への損傷と補修、そして配線の管理の難しさが主な問題点です。

それぞれのデメリットを具体的に見ていきましょう。

設置場所が固定されてしまい模様替えに対応できない

壁掛けテレビを設置すると、その場所が固定されてしまいます。

部屋の模様替えや引越しを考えると、テレビの位置を変えたい時には、かなりの手間がかかります。

また、一度壁に固定すると、テレビの角度や高さの微調整も難しくなります。

\調整できて安心安全/

壁の損傷と補修の問題

壁掛けテレビを設置するには壁に穴を開ける必要があります

穴を開ける位置の精度も重要で、誤った場所に穴を開けてしまうと、見た目の問題だけでなく、壁や建具の安全性にも影響します。

壁の補修は手間とコストがかかるため、設置前には慎重に検討しましょう。

配線管理の見栄えや処理が難しい

壁掛けテレビの配線管理は意外と大変な作業です。

テレビの背後で配線がむき出しのままだと、見栄えが悪くなるだけでなく、ほこりが溜まりやすくなります。

また、壁を通す配線作業は専門的な知識と技術が必要なので、自分で処理するには難易度が高いです。

配線を隠すための工夫や専門業者の利用も考える必要があります。

スポンサーリンク

壁掛けテレビのメリット

https://twitter.com/Flexi_dea/status/1405671947921358849

壁掛けテレビには、設置するときやした後のデメリットがありますが、多くのメリットもあります。

ちゃんとした方法で設置すれば、安全性の向上、スタイリッシュな見た目、そして掃除がしやすくなるというメリットがあります。

これらのメリットを詳しく紹介していきます。

テレビが倒れる心配がない

壁掛けテレビの大きなメリットの一つは、テレビが倒れないことです。

特に家に小さな子供やペットがいる家庭では、テレビが倒れて怪我をする心配がありますが、壁掛けならその心配はありません。

テレビを壁にしっかりと固定することで、安全性が大幅に向上します。

部屋の見た目がスッキリする

テレビを壁掛けにすることで、部屋の見た目が一変します。

テレビ台が不要になり、空間が広々として見えるようになるからです。

また、壁に直接取り付けられたテレビは、モダンでスタイリッシュな雰囲気になりオシャレな空間になります。

部屋がすっきりと整理され、デザイン性の高い空間になるなんて一石二鳥ですよね。

掃除がしやすい

壁掛けテレビのもう一つのメリットは、掃除のしやすさです。

テレビ台を使用しないため、テレビ周りのホコリがたまりにくく、掃除が簡単になります。

また、床に直接物がないため、掃除機やモップをスムーズに動かすことができ、日々の掃除が楽になります。

清潔で整理された空間を保ちやすくなるのは、快適な生活環境を作る上で非常に重要です。

ただし、テレビの配線処理をおろそかにするとテレビ裏の配線にホコリが溜まってしまうので要注意です。

スポンサーリンク

よくある質問

壁掛けテレビを設置する最適な高さはどうやって決めればいいですか?

壁掛けテレビの最適な高さを決める際は、まず、リビングの中でのテレビの役割を考えます。一般的に、床からの高さ約1メートルが一つの目安となります。これは、ソファや椅子に座った時、テレビの中心が目線の高さになり、視聴に快適です。ただし、部屋の大きさや家具の配置によって最適な高さは変わるので、自分の部屋に合わせて調整するのがベストです。

壁掛けテレビの高さを間違えるとどのような問題が起きる可能性がありますか?

高さを間違えると、視聴時に首や目に負担がかかり、快適さが損なわれます。特に高すぎる位置に設置すると、長時間の視聴で首が疲れやすくなります。また、低すぎる位置では視線が下向きになり、同様に疲労を感じることがあります。最適な高さは視聴の快適さに直結するため、慎重に決める必要があります。

壁掛けテレビの高さを調整する際のコツはありますか?

壁掛けテレビの高さを調整する際のコツは、主に視聴する位置や角度を考慮することです。部屋で一番よくテレビを見る場所(例えばソファやダイニングテーブル)に座り、自然な目線の高さでテレビの中心が来る位置を目指します。また、部屋の全体のデザインや他の家具との調和も考えると、部屋全体のバランスが取れて見た目も美しくなります。

まとめ:壁掛けテレビの高さで失敗しない高さは何センチ?高さ調整金具で微調整!

壁掛けテレビの高さの設定は、家づくりにおける重要な要素の一つです。

適切な高さに設置されたテレビは、快適にテレビをたのしむことができ、部屋の雰囲気をよくします。

しかし、壁掛けテレビの高さを失敗してしまい、後悔してしまうケースもあります。

壁掛けテレビの高さを決めるポイントとして、テレビが家庭の中でどんな役割を持っているかを考えることが大切です。

家族団らんの為のアイテムとして使うのか、インテリアの一部として使うのかで設置場所や高さが変わってきます。

一般的な目安として、床からの高さ約1メートルがオススメですが、これは部屋の大きさや家具の配置によって変わります。

最適な高さは、ソファや椅子に座った時、テレビの中心が目線の高さになる位置か少し低めの位置です。

この高さ設定を失敗すると壁掛けテレビを見たときに目の疲れや方のコリが出てしまい、失敗したなと感じてしまいます。

高さを調整する際には、テレビを見る位置や角度を考慮し、部屋のデザインや他の家具との調和を考えることも大切なポイントとなります。

どうしても心配な人はテレビを固定する金具を可動式の物にして保険を掛けておくといいですよ。

\高さ調整で失敗知らず/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする