マイホーム

地鎮祭で準備する物と服装は?地鎮祭の流れはこれを読めばバッチリ。

地鎮祭準備
しばろう
どうも、「ゆるしばブログ」管理人のしばろうです。

家を買うのって大体の人が一生に一度の一大イベント。

そんなイベントの一部である「地鎮祭」について紹介します。

地鎮祭かぁ、家の建築をする前にやる「土地のお祓い」のことだよね?言葉は聞いたことがあるけど、実際に何をすればいいのか知らないんだよなぁ。

あなた

しばろう
大体の人が人生で一度しか経験しないから知らないのも当然だよね。
実際に自分がやるタイミングじゃないと意識しないし、調べようが無いよ!だからこの記事を読んで地鎮祭に備えてね。

このように名前は聞いたことがあるけれど「何をしたらいいのか?」、「どんな準備をするのか」という疑問を持つ方がほとんどです。

そんな方のために本記事では地鎮祭の流れとやるために準備することを紹介していきます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 地鎮祭の流れが知りたい。
  • 地鎮祭に掛かる費用が知りたい。
  • 当日の服装やマナーが知りたい。

マイホーム購入の流れを土地にフォーカスして説明しています。

住宅ばかりに目が行きがちですが土地のことにもちゃんと意識を向けましょう!本記事と一緒にこちらこちらも読んでね。

マイホーム購入の流れ【土地編】
マイホーム購入の流れを徹底解説。これで流れが丸わかり!【土地編】

続きを見る

 

地鎮祭とは?(何のためにやる?)

地鎮祭は「これから家を建て始めるぞ」というタイミングで建築予定地でおこなう儀式です。

住宅に限らず何かを建築する時におこないますが、必ずやらなければいけないということではありません。

ご自身の都合や家族の状況によっての判断で大丈夫です。

そもそも地鎮祭とはどんなことをするのか?なんのためにやるのかをちゃんと知って当日を迎えましょう。

しばろう
どうせやるならちゃんと意味と目的を知ってやる方が気持ち的に違うよね。

 

地鎮祭をやる目的

土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全を祈願する儀式として昔から行われてきました。

この他にも「新しくできる建物に3つの宝を招く」という意味もあるようです。

3つの宝とは

  • 健康

  • 財産

  • 和合(わごう)

『和合』は親しみ合うこと仲良くすることという意味の言葉。

ちなみ日本では神式の地鎮祭が一般的ですが、仏教式、キリスト教式などもあるようです。
気になる方は調べてみると面白いかもしれませんね。

自分の信仰している宗教が明確にある方はハウスメーカーの担当者に相談してみましょう。

 

神主を呼ぶ神式が一般的

先程の地鎮祭をやる目的で少し話しましたが、日本の地鎮祭は神主を呼ぶ神式が一般的です。

地鎮祭自体は業者と神主が段取りと進行をしてくれるので、わたし達は指示に従って動けば大丈夫です。

わたしの場合、地鎮祭の流れの下調べをすることなく地鎮祭に臨みましたが、神主さんが説明をしながら誘導してくれたので、行動に迷うことなく終えることができました。

今思うと、服装やマナーなどについて下調べをすることなく地鎮祭を迎えたことに対して、「我ながら何も考えてないなー」と笑えてきます。

わたしたちがあまり気にすることでもありませんが、一応、地鎮祭の流れも説明しておきますね。

地鎮祭の流れ

  • 1. 開会の儀

  • お祓い

  • 祭壇に神饌(しんせん)を供える

  • 祝詞(のりと)をあげる

  • 現場を祓い清める

  • 地鎮の儀

  • 玉串を祭壇に捧げる

  •  神饌を下げ、神様にお帰りいただく

  • 乾杯

  •  神饌品のおさがりをいただく

  • 閉式の辞

 

この中で施主(と家族)が実際にお清めをする項目が5679になります。

5. 現場を祓い清める」で施主が地縄の四角を神主と一緒に切麻(キリヌサ)という紙吹雪をまいてお清めをします。

6. 地鎮の儀」では高さ30cmぐらいに盛った砂の山に「えいっ、えいっ、えいっ!」と3ふりがなを差し込みます。

恐らくこの瞬間が地鎮祭の一番の見せ場です。家族や担当者、監督、ときには近隣住民も見てますがここは恥ずかしがらずに丈夫でいい家が立つようにと願いを込めて思いっきりやりましょう。

その後に、監督さんもすきで同じことをやります。さすが監督、場慣れしているのか恥ずかしがることなく堂々とやってくれました。

7. 玉串を祭壇に捧げる」では榊の枝を神主から受け取り祭壇にお供えして二礼二拍手一礼します。これは家族全員が対象です。

9. 乾杯」は神さまにお供えした御神酒を参列者全員で乾杯します。参列者全員なので家族全員参加になります。年齢や体質も考えて飲めない方は飲んだふりで大丈夫です。

わたし達家族の場合は「新型コロナ」のこともあり全員が飲んだふりで済ませました。

この流れの地鎮祭で掛かる時間は1時間〜1時間30分ぐらいが目安になります。

 

地鎮祭の費用は?

地鎮祭に掛かる費用としては大きく分けて「玉串料(初穂料)」「お供物代」「その他雑費」があります。

玉串料とはお祓いをしてくれる神主への謝礼のことで、地鎮祭で必ず発生する支払いとなります。

わたしが地鎮祭をおこなって掛かった費用は玉串料の3万円」の出費のみでした。

そうすると

「お供物代」、「その他雑費」は払わなくていいの?
あなた

と、当然なりますよね?

地鎮祭に掛かる費用について細かく説明していくので、自分にはどの出費が当てはまるのか考えてみてください。

 

 「玉串料(初穂料)」

この玉串料の相場は一般的に2万~3万円」程度ですが、お祓いをお願いする神主によって若干変わるので依頼をする際に確認するのがいいでしょう。

恐らくハウスメーカーが段取りをしてくれるので、そのときに担当から準備する金額を教えてもらえます。

ちなみにのし袋の表書は「玉串料」か「初穂料」と書きます。

わたしは事前に調べていなかったこともあり、「謝礼」の表書を書いたのし袋を渡してしまいました。

特別問題はありませんでしたが、社会人として恥ずかしいなと少し後悔しています。

「お供物代」

基本的にお酒、水、塩、米、野菜、魚などのお供物は祭壇と同様で神主かハウスメーカーが用意してくれますが、施主が用意するパターンもあるようです。

この場合、お供物全部の相場として1万円程度が適切なようなので自分で用意する場合は1万円を目安にしましょう。

 

「その他雑費」

その他雑費の内訳として「近隣住民への粗品」「参列者への宴会or仕出し弁当」があります。

近隣住民への挨拶として粗品を送りますが、その場合の粗品代として2000円程度の日用品を送るケースが多いようです。

参列者への宴会についてはほとんどやる人はいないようです。

これは地域性の話で、もしやるのが通例の地域において宴会をしなかった場合にのみ仕出し弁当を配って代用することがあるようです。

その他雑費についてはわたしの場合どちらもやりませんでした。

近隣住民の方への挨拶は引っ越した後に改めてご挨拶に行くつもりですし、宴会をするような地域に住んでいないのでここでの出費は“0ですみました。

 

服装とマナー

これまでに地鎮祭の流れと費用について説明してきました。いよいよ残りは「服装とマナー」についてです。

これがわかれば地鎮祭に関してわからないことは無くなるので、もう少し頑張りましょう!

 

地鎮祭に臨む服装

地鎮祭では、施主の服装に特に決まりはありませんが、お祝いの儀式ということで、フォーマルな服装でのぞむ人が多いようです。

フォーマルと言っても結婚式などで着る礼服などではなく、男性の場合、スーツやジャケットを着て、ネクタイを締めた格好などが定番のようです。

最近ではフォーマルな服装といってもネクタイを絞めないパターンも多くなってきたので、綺麗めな格好のビジネスカジュアルがわたし的にはおすすめです。

ですが、地鎮祭が終了した後に近隣住民へ挨拶をする人は、失礼の無いようにネクタイを締めて挨拶をした方が印象は良くなりますね。

 

近隣住民へのマナー

工事が始まると、騒音や車の出入りなどで、近隣に迷惑をかけてしまうこともあります。

何か問題があった場合の窓口は建築会社になりますし、工事のスケジュールについてなどを質問されることも多いので、あいさつは施主と担当者や現場監督などが一緒に行うのが定番です。

しかし、ハウスメーカーよっては「地鎮祭後の挨拶回りはしなくて大丈夫」と言うところもあります。

この場合は、挨拶まわり自体をしないということではなく、ハウスメーカーのみで挨拶まわりをするパターンなので心配はしないでください。

家を建てる為の重機やトラックの出入りで迷惑を掛けるので挨拶回りは絶対にします。

それでも近隣住民とは今後長い付き合いになるので、入居後の挨拶は誠心誠意を持ってまわりましょう。

 

地鎮祭の準備と流れ【まとめ】

地鎮祭は建物を建てる前に建築予定地をお清めする神式の儀式です。

仏教式やキリスト教式での地鎮祭もあるようなので自分に合った様式をハウスメーカー担当者に伝えておこなうことをおすすめします。

また、地鎮祭は必ずやらなければいけない儀式という訳では無いのでその時の状況によって判断しましょう。

わたしは神頼みや願掛け、縁起担ぎをする方の人間なのでもちろん神様に見守ってもらえるように地鎮祭をやりました。

後あとトラブルが起きても嫌ですからね。

地鎮祭について簡単にまとめると

地鎮祭のポイントまとめ

  • 家の建築予定地をお清めする(神様にお許しをもらう)儀式
  • 儀式にかかる時間は1時間〜1時間30分程度
  • 玉串料2万円〜3万円
  • お供物代1万円程度(準備の必要がある場合)
  • 近隣住民への粗品代2000円程度(建築会社だけ挨拶する場合は不要)
  • 祭壇の準備は建築会社or神主がする
  • 服装はフォーマルがおすすめ、キレイめカジュアルもOK

と、なります。

細かく項目を上げましたが、基本的には費用の準備だけすれば後は建築会社と神主が段取りをしてくれるので心配ありません。

また、当日の流れも神主さんが教えてくれるので事前に予習しなくてもスムーズに進みますよ。

お金以外何も準備をしなかったわたしが言うんだから大丈夫!安心して式に臨んでくださいね。

 

マイホーム購入を「土地」にフォーカスしたこちらの記事も一緒に読むと理解が深まりますよ。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

しばろう

副業ブロガー | ゆるしばブログ運営 【 本業 】ごく普通のサラリーマン ▶︎マイホーム検討時に悩んだ事や参考にした事について配信中 ▶︎いろんなハウスメーカーやいろんな間取りのメリット・デメリットをわかりやすく解説。 ▶︎様々な知識や情報をもとに家を購入して現在では快適な生活を送っています。【 桧家住宅で建築 】

-マイホーム