家づくりの不安や悩みを解決して楽しい家づくり快適な家づくりを始めよう!

お年玉にはどんな意味がある?子どもへ渡す理由とマナーを知ろう!

当ページのリンクには広告が含まれています。
お年玉にはどんな意味がある?子どもへ渡す理由とマナーを知ろう!

新年の訪れと共に、多くの家庭で繰り広げられる温かなシーンがあります。

それは、子どもたちがわくわくする顔でお年玉を受け取る瞬間。

でも、あなたはきっとただ渡すだけではなく、その背後にある意味や文化を深く理解し、子どもたちに伝えたいと考えているのではないでしょうか?

この記事では、そんなあなたの疑問に寄り添い、お年玉の本当の意味と、子どもたちにとってそれがどう重要かを深掘ります。

あなた

ねえ、お年玉ってただのお金じゃないよね。
子どもにどんな意味があるかを教えたいんだけど…

しばろう

そうだね。
お年玉には、新年の祝福とか、健康を願う深い意味があるんだよ。
昔は『御歳魂』って言って、もっと精神的なものだったんだって。

この記事を通じて、お年玉を子どもにあげる意味についての理解が深まることでしょう。

お年玉の正しい渡し方から、その文化的背景まで、あなたとお子さんにとって新年がより意味深いものになる情報を提供します。

また、お年玉を通じて家族間の絆を深める方法や、子どもたちにお金の大切さを教えるチャンスにもなります。

お年玉の意味と子どもに渡す理由

お年玉

お年玉としてお金を子供に渡す習慣は、2つの習慣が変化してできました。

昔は、お年玉といえば「お餅」のこと

新年に神様に感謝を表し、その恵みを分け合う意味でお餅を贈っていました。

しかし、時が経つにつれて、より実用的な「お金」に変化します。

また、「歳の市」などの年末の市で、大人たちが子どもたちに小さなお金を渡してあげることから始まったとも言われています。

お年玉がお餅からお金になった理由

お年玉がお餅からお金に変わったのは、実はとてもシンプルな理由からです。

昔は、お餅を贈ることで、食べ物としてのありがたみや豊かさを分け合う風習がありました。

しかし、時代が変わり、生活様式が多様化する中で、お餅よりも使い勝手の良い「お金」の方が便利になったのです。

お金なら、子どもたちが自分の欲しいものを選べるし、親御さんも贈りやすくなりました。

この変化は、日本の経済の発展と共に進んでいきました。

お年玉の由来は「御歳魂」

お年玉のもともとの由来は、「御歳魂(としだま)」という言葉にあります。

これは、新年に神様が人々に幸福や健康をもたらすという信仰に基づいています。

昔の日本では、新年に神様に感謝の気持ちを表し、その恵みを家族や友人と分かち合う風習がありました。

この御歳魂の精神は、現在のお年玉にも受け継がれています。

子どもたちにお金を渡すことで、幸せや健康を願っているのです。

お年玉の歴史

もともと、お年玉は「歳の市」などの年末の市で、大人たちが子どもたちに小さなお金を渡してあげることから始まりました。

これが、子どもたちへの新年のお祝いとして定着し、今日の形に進化しました。

明治時代になると、現代のようなお金を贈る形に変わり、その後も日本の経済や文化の発展と共に変化を遂げてきました。

スポンサーリンク

お年玉は渡して終わりじゃない

お年玉 渡す

お年玉は大人から子どもへ渡して終わりになることが多いですが、子どもたちが新年の抱負を語る様子や、お年玉と一緒にお餅を贈るという伝統があります。

子どもが新年の抱負を語る

親や親戚はが子どもにお年玉を渡すとき「新年の抱負は何?」と尋ねる習慣があります。

子どもたちが抱負を語るこの瞬間は、成長の一歩を感じるタイミングにもなります。

勉強やスポーツ、趣味など、さまざまな抱負を聞くことができるでしょう。

この風習は、子どもたちに目標を持つ大切さを教える機会でもあります。

子どもの成長を感じたり、どんなことを考えているのかを知ることができるので聞いてみてくださいね。

お年玉と一緒にお餅を贈る

昔からの伝統を大切にしたい方は、お餅も一緒に送ってみましょう。

お年玉と一緒にお餅を贈る習慣は、日本の伝統的な新年の祝い方の一つです。

昔から、お餅は豊作や健康を願う意味が込められており、お年玉とともに贈ることで、その願いをより強く伝えることができます。

お餅を贈ることは、年の初めに家族や友人と幸せを分かち合う素敵な方法です。

スポンサーリンク

お年玉を渡す時のマナー

注意

お年玉を渡す時には、いくつかのマナーがあります。

新札で渡すこと、金額をキリのいい額にすること、そして目下から目上へは渡さないことなど、これらはお年玉をスムーズに、そして心を込めて渡すための大切なポイントです。

これらのマナーを守ることで、お年玉の渡し方がより心温まるものになります。

できるだけ新札で渡す

お年玉は、できるだけ新札で渡すことが一般的です。

新札を使う理由は、清潔感があり、新しい年の始まりを象徴するからです。

新札を用意することは、受け取る子どもたちへの心遣いとしても大切にされています。

また、新札は祝い事にふさわしいキレイな状態を保っているため、お年玉を特別なものとして感じさせます。

キリがいい金額にそろえる

お年玉の金額は、キリのいい額にするのが一般的です。

例えば、1,000円、5,000円、10,000円などです。

このようにする理由は、金額を数えやすく、受け取る子どもたちにも分かりやすくするためです。

また、キリのいい額にすることで、贈る側の気持ちが整えられ、贈り物としての美しさも保たれます。

目下から目上へ渡すのはNG

最近では、大人から子どもへ渡すパターンしか見られませんが、大人から大人へ渡す場合は、目下から目上へ渡すのはNGとされています。

これは、お年玉が子どもたちへの祝福や幸福を願う行為とされているためです。

目上の人から目下の人へ贈ることで、祝福や尊敬の意を示すことができます。

逆に、目下から目上へお年玉を渡すと、この意味合いが逆転してしまい、不適切とされるのです。

お年玉のお返しはどうする?

お年玉を受け取った子どもやその家族がお返しをする必要はありません

お年玉は、あくまで新年の祝福や健康を願う気持ちの表れであり、物質的なやり取りではないからです。

お返しをすることで、本来のお年玉の意味が変わってしまう可能性があります。

そのため、お年玉を受け取った側は、感謝の気持ちを言葉で伝えることが最も適切です。

子どもがいる親同士でお年玉を渡しあうことは考えられますが、祖父母からお年玉をもらった場合はお返しはしなくてもマナー違反にはなりません。

その代わり、しっかりとお礼はしましょう。

スポンサーリンク

年齢別のお年玉の相場

お年玉の金額で悩む方も多いでしょう。

渡す気持ちが大事なので気にすることは無いのですが、そうも言ってられないですよね。

そんな方のために未就学児から中学生まで、年齢ごとの適切な金額相場をお伝えします。

未就学児(3歳~6歳)のお年玉相場

未就学児に対するお年玉の相場は、一般的には1,000円から3,000円程度とされています。

この年齢の子どもたちは、お金の価値を完全に理解しているわけではないため、大きな金額は必要ありません。

また、お年玉を通じてお金の使い方を少しずつ学べるような額が適切です。

中学生のお年玉相場

中学生のお年玉相場は、一般的には3,000円から5,000円程度です。

この年代の子どもたちは、お金の管理や使い道について学ぶ良い機会を持っています。

そのため、ある程度の金額を贈ることで、責任感や計画性を育むことができます。

ただし、家族や地域の習慣によっても異なるため、相場を参考にしつつも、個々の状況に合わせて柔軟に対応することが大切です。

高校生のお年玉相場

子どもが高校生ぐらいになるとバイトをして自分で稼げるようになるので、お年玉を渡すことも無くなってきます。

ですが、それでも渡す場合は5,000円~10,000円ぐらいがいいでしょう。

この年頃は考え方も大人になっているので、少し多めのお金であれば満足してくれます。

スポンサーリンク

ぽち袋へのお金の入れ方

お年玉を渡す時のマナーとして、ぽち袋へのお金の入れ方にもルールがあります。

紙幣の折り方から、紙幣と硬貨の入れ方まで、丁寧に行うことでお年玉の渡し方がより心温まるものになります。

まずは、紙幣をぽち袋に入れる前の適切な折り方について見ていきましょう。

そういえば、ぽち袋の「ぽち」って何だろう?そんな疑問を持ったあなたはこちらの記事もどうぞ。
ポチ袋のポチってどんな意味?由来はどこから来てるの?

紙幣の折り方

ぽち袋に紙幣を入れる際の折り方には、いくつかのポイントがあります。

まず、紙幣は綺麗に平らにし、しわがないように注意しましょう。

次に、ぽち袋のサイズに合わせて、紙幣を二つ折りまたは三つ折りにします。

折り目をきれいにし、紙幣がぽち袋からはみ出ないように調整します。

紙幣を丁寧に扱うことは、お年玉を受け取る子どもへの配慮を表します。

お金の入れ方

ぽち袋にお金を入れる際は、紙幣と硬貨を分けて入れることが望ましいです。

紙幣は折った後、ぽち袋の中央に平らに入れます。

硬貨の場合、別の小さな袋や封筒に入れてからぽち袋に加えると良いでしょう。

これにより、ぽち袋が破れることを防ぎ、また紙幣と硬貨が混ざることも防げます。

よくある質問

お年玉の意味は何ですか?

お年玉は、新年に子どもたちに贈られるお金のことで、祝福や健康を願う日本の伝統的な習慣です。もともとは「御歳魂(としだま)」と呼ばれ、新年に神様が人々に幸福や健康をもたらすという信仰に基づいています。お年玉を通じて、子どもたちに幸せや健康を願い、新しい年の始まりを祝います。

お年玉はどんなときに渡しますか?

お年玉は、通常、新年のお祝いとして、元旦やその後の数日間に渡されます。子どもたちが親戚や家族と新年の挨拶をする際に贈られることが多いです。贈る際には、新札を使用し、ぽち袋や封筒に入れて渡すのが一般的です。

お年玉の相場はどのように決めればいいですか?

お年玉の相場は、贈る子どもの年齢や地域、家族の習慣によって異なります。一般的には、未就学児には1,000円から3,000円、小学生には3,000円から5,000円、中学生以上には5,000円から10,000円程度が目安とされています。しかし、最も大切なのは金額ではなく、新年の祝福の気持ちを伝えることです。

まとめ:お年玉にはどんな意味がある?子どもへ渡す理由とマナーを知ろう!

お年玉は、新年に子どもたちに贈られるお金であり、これには祝福や健康を願う深い意味が込められています

由来は「御歳魂(としだま)」という、新年に神様が幸福や健康をもたらすという信仰から来ており、日本の伝統的な文化の一部として大切にされています。

お年玉は単なるお金の贈り物ではなく、子どもたちに対する愛情や願いを表す日本の美しい習慣です。

お年玉を通じて、子どもたちはお金の使い方を学び、大人は家族や親戚との絆を深める機会を得ることができます。

お年玉を渡す際のマナーも重要です。

一般的には新札を使用し、ぽち袋や封筒に入れて渡されます。

紙幣は綺麗に平らにし、しわがないように折り、ぽち袋に入れる際は紙幣がはみ出ないようにします。

硬貨は別の小袋に入れることが望ましいです。

また、お年玉の相場は子どもの年齢や地域、家族の習慣によって異なります。

未就学児には1,000円から3,000円小学生には3,000円から5,000円中学生以上には5,000円から10,000円程度が目安です。

しかし、最も重要なのは金額ではなく、新年の祝福の気持ちを伝えることです。

本記事で説明したポイント

  • 「お年玉 意味 子ども」は、新年の祝福と健康を願う日本の伝統的な習慣。
  • お年玉の由来は「御歳魂」であり、神様の恵みを象徴。
  • お年玉を渡す際は新札を使用し、ぽち袋や封筒に入れる。
  • お年玉の相場は子どもの年齢や家族の習慣によって異なる。
  • お年玉の本質は金額ではなく、新年の祝福の気持ちを伝えること。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする