家づくりの不安や悩みを解決して楽しい家づくり快適な家づくりを始めよう!

子どものおもちゃをリビングに収納する方法!収納のコツと注意点を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
子どものおもちゃをリビングに収納する方法!

「子どものおもちゃ、リビングにどう収納すればいい?」そんな悩みを抱えていませんか?

子どもが楽しく遊べる空間を作りつつ、リビングの見た目をキレイに保つにはおもちゃの収納は大切なポイントですよね。

あなた

子どもの遊びを優先するとリビングが散らかるし、かといって、リビングを常に整頓していると子供が自由に遊べないよなぁ・・・

しばろう

そういう時は、子どものおもちゃを上手に収納すればいいんだよ。

あなた

それができれば苦労してないよ。

この記事を読むことで、「子どものおもちゃをリビングに上手に収納するコツ」や「おもちゃの収納における注意点」、「子どもが自分で片付けられるおもちゃ収納の作り方」について具体的な方法を得ることができます。さらに、それぞれの方法のメリットやデメリットも詳しく説明します。

しばろう

大丈夫!難しく思うかもしれないけど、説明する方法を実践すればできるようになるよ。

本記事で紹介する方法を実践すると、子どもたちは自分のおもちゃを自分で片付けられるようになります

それは子どもたちにとって、自己管理能力を育む良い機会となります。

さらに、おもちゃが整理整頓されていると、子どもたちは新たな遊びを発見したり、お気に入りのおもちゃをより大切にしたりすることもあるでしょう。

子どものおもちゃをリビングでうまく管理したい」「子ども自身に片付けを任せたい」そんなあなたの願いを叶える、具体的で実践的な情報を提供します。

あなたのリビングが子どもたちが心地よく遊べる空間となることをお約束します。

「収納や子どもに片づけを教えるのも大事だけど、これ以上おもちゃを増やしたくない」
こんな風に考えているママ、パパはおもちゃのサブスクを試してみませんか?
サブスクなら収納スペースを気にせずに子どもにおもちゃで遊ばせられるし、片づけの仕方やルールも教えられますよ。

この記事を書いた人
しばろう アイコン
しばろう

家づくり大好き マドリスト

  • 家づくり歴 4年
  • 妻、長女(3歳)、長男(1歳)の4人家族
  • 某大手家電メーカー勤務
  • 住宅展示場巡りが大好き
  • ハウスメーカー見学 20社以上
  • ヒノキヤ住宅にてマイホーム建築
  • マイホーム建築後も家づくりについての勉強中

子どものおもちゃ収納の基本知識

YouTube
「 子どもが自分で片付けるようになる 」収納の仕組み、元・無印良品の整理収納アドバイザーが教えます【 ... 「 子どもが自分で片付けるようになる 」収納の仕組み、元・無印良品の整理収納アドバイザーが教えます【 水谷妙子さんの収納ルール #2】| kufura [ クフラ ]『無印良品...

親として、子どもが楽しく遊べる空間を作りたいですよね。

でも、おもちゃが散乱してしまうと、リビングがすぐに散らかってしまいます。

これでは、親も子どももリラックスできません。ですから、おもちゃの収納をうまく考えることが大切です。

でも、収納の方法っていろいろあって、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

それでは、まずは基本から見ていきましょう。

子どものおもちゃの収納には、以下の3つのポイントがあります。

おもちゃ収納で意識する3つのポイント

  • 子どもが自分で出し入れできる位置に設ける
  • おもちゃの種類ごとに分けて収納する
  • 子どもが使用頻度の高いおもちゃを手前に置く

親が片付けるのではなく、子ども自身が出し入れできる位置におもちゃを収納することで、子どもは自分の物を大切に扱う習慣が身につきます。

また、おもちゃを種類ごとに分けることで、遊び終わった後の片付けもスムーズになりますね。

子どものおもちゃはリビングのどこに収納する?

さて、それでは実際にリビングのどこに収納するのが良いのでしょうか?リビングは家族が集まる場所ですから、子どもが自由に遊べるスペースを確保しつつ、大人も快適に過ごせる空間を作りたいですよね。

そのため、以下の2つのポイントが重要になります。

  • 子どもが遊びやすい場所に設ける
  • 大人の生活空間を邪魔しない位置に設ける

例えば、テレビの前や大人がくつろぐソファの近くなどは避け、子どもが遊びやすい場所におもちゃを収納するといいでしょう。

また、リビングの端や壁沿いなど、大人の生活に影響を与えない場所を選ぶと、収納場所として最適です。

以上が、子どものおもちゃ収納の基本的な知識とリビングでの設置位置の考え方です。

これを参考に、自宅のリビングで試してみてくださいね。

スポンサーリンク

リビングにおもちゃを収納するメリット・デメリット

メリット

リビングにおもちゃの収納を設けることには、メリットとデメリットがあります。

子どものおもちゃをどこに収納するかは、子どもの遊び方や家族の生活スタイルによっても変わるかもしれません。

では、具体的なメリットとデメリットを見ていきましょう。

リビングにおもちゃを収納するメリット

まず、メリットについて考えてみます。リビングにおもちゃを収納すると、次のような良い点があります。

リビングにおもちゃを収納するメリット

  • 子どもが遊んでいる様子を見ることができる
  • 子どもが遊びながら家族と一緒にいられる
  • 子どもが自由に遊ぶ場所としてリビングを利用できる

親が見守ることができるため、安全面でも心強いですよね。

また、子どもが遊びながら家族とのコミュニケーションを取れるのは、子どもの社会性を育む上でも大切な要素です。

しばろう

キッチンからリビングが見える間取りなら、ご飯を作りながら子どもの様子が確認できるよ。

リビングにおもちゃを収納するデメリット

一方、デメリットも忘れてはなりません。以下のような点に注意が必要です。

リビングにおもちゃを収納するデメリット

  • おもちゃが散らかりやすい
  • 心底疲れていても、子どもが遊んでいるのでくつろげない可能性がある

子どもが遊んでいると、ついついおもちゃが散乱してしまいますよね。

また、リビングは大人がリラックスする場所でもあるので、おもちゃがあふれてしまうと、大人のリラックスタイムが邪魔されてしまうかもしれません。

そんなときは、おもちゃの片づけルールを設けたり、おもちゃの収納場所を工夫することで、デメリットを軽減することが可能です。

以上が、リビングにおもちゃ収納を設けることのメリットとデメリットです。これらを踏まえた上で、自分の家庭に最適な収納方法を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

リビングおもちゃ収納のポイント

子どものおもちゃ収納について、評判の良い具体的な方法を見ていきましょう。

ポイントは、リビングをキレイに見せつつ、子どもが自由におもちゃを取り出せることです。

では、具体的なポイントとその具体例について見ていきましょう。

ポイント①リビングの一箇所にまとめて収納する

リビングにおもちゃをまとめて収納すると、散らかりにくくなります。

具体的な収納法としては、大きな収納ボックスやラックを設け、その中におもちゃをまとめて収納する方法があります。

特に、IKEAやニトリ、無印良品の収納ボックスは、大きさや形が豊富で、自分のリビングに合わせて選べるのがポイントです。

しばろう

我が家もリビングの端におもちゃスペースを作ってるよ。
子どもはそこで遊ぶし、収納もその場にあるから比較的かたづけてくれる。

ポイント②リビングに馴染みやすい収納を選ぶ

次に、リビングに馴染むデザインの収納を選ぶことも重要です。

ニトリやカインズのウッド調の収納ボックスは、おしゃれでリビングに馴染みやすく、大人のリラックス空間を保つことができます。

おしゃれなデザインでありながら、子どもが扱いやすい作りになっているので、使いやすさもバツグンですよ。

あなた

子どものおもちゃは色の多いものが多いから、ウッド調の収納に入れられるとリビングの内装になじむからいいね!

ポイント③リビングに子ども用の収納を定位置化して作る

子どもが自分で片づけやすいように、リビングに子ども専用の収納場所を作るのもおすすめです。例えば、セリアやダイソーの収納グッズを利用して、おもちゃの種類ごとに分けて収納するといいですね。

それぞれにラベルをつければ、子どもも自分で片づけやすくなるでしょう。この方法は、子どもの自立心を育てるのにも役立ちますよ。

ポイント④おもちゃが隠れるようにして収納する

最後に、おもちゃを見えないように収納することも考えてみてください。

カゴや箱に入れて収納し、その上から布をかけるだけで、おもちゃが見えなくなります。

おもちゃが見えないと、リビングがすっきり見え、大人のリラックス空間としても使いやすくなります

以上、おもちゃ収納の具体例と評判について見てきました。

どの方法も、子どもが自由に遊べて、片づけもしやすい方法ばかりです。

自分の生活スタイルや、お子さんの好みに合わせて、最適な収納法を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

リビングおもちゃ収納のコツ‐子どもが進んで片づける‐

子どもが自分でおもちゃを片付けることは、親としてはとても嬉しいことですよね。

しかしながら、子どもが自分で片づけるのはなかなか難しい課題でもあります。

そこで、今回は子どもが自分からおもちゃを片付けたくなるコツについて考えてみましょう。

お子さんの自立を促し、お片付けも楽しくするための秘訣ですよ。

コツ①子どもが出し入れしやすい収納にする

子どもが自分でおもちゃを片付けるためには、まずは子ども自身が出し入れしやすい収納を選ぶことが大切です。

例えば、開閉が簡単な箱や、手の届く低い位置に収納することが考えられます。

IKEAやニトリ、無印良品などには、子どもが使いやすい収納グッズがたくさんあります。

どんなおもちゃにも対応できるように、大きさや形状を選べるのも魅力ですよ。

しばろう

子どもの成長に合わせておもちゃの形や大きさも変わるから大きさが選べるのは結構重要だよ!

コツ②年齢や性格に合った方法で片づけを意識する

次に、子どもの年齢や性格に合った方法を見つけることも大切です。

片づけは一日にしてならず。何度も試行錯誤を重ねて、お子さんに合った方法を模索しましょう。

それが遊びの一部となれば、お子さん自身が楽しみながら片付けるようになるはずです。

コツ③子どもと一緒におもちゃの収納方法を考える

子ども自身が収納方法に参加することも重要です。

例えば、どのおもちゃをどこに収納するか、一緒に考えてみたり、ダイソーやセリアの収納グッズを使って、一緒に収納ボックスを作ったりするのも良いですね。

これにより、子ども自身がおもちゃの場所を覚え、自然と片付ける習慣が身につくでしょう。

しばろう

子どもが自分で片づけをできたらちゃんと褒めてあげることも忘れないでね。

以上、子どもが自分から進んでおもちゃを片付けるためのコツについてお話しました。子どもが自分からおもちゃを片付けることは、自立心を育てる上でとても有効です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

おもちゃ収納の注意点

子どものおもちゃ収納は、見た目の整理だけでなく、お子さんの安全を守るためにも大切です。

しかし、その一方で、収納方法によっては意外と知られていないリスクも存在します。

そこで今回は、おもちゃ収納に関する注意点とリスクについて、具体的な事例とともに考えてみましょう。

家具や収納ラックは危険!?壁面収納で地震に備える

まずは、家具や収納ラックの選び方についてです。

このポイントは地震などの災害対策に直結します。

立派な収納家具も、それが子どもにとっての危険要因になることもあるんですよ。

例えば、大きな収納ラックは、地震の揺れで倒れてしまう可能性があります

これは子どもたちにとって大きな危険となります。

そこでおすすめなのが、壁面収納です。IKEAやニトリなどの家具メーカーでは、壁に取り付けるタイプの収納家具が多く販売されています。

あなた

後付けできるなら、スペースに少し余裕があれば付けられるんだね。

これらは地震に強く、しかもリビング全体をすっきりと見せてくれるメリットもあります。

また、収納に使う箱やバスケットも、子どもが簡単に取り出せるように低い位置に設置することが大切です。

これにより、子どもが無理な姿勢で取り出そうとして転倒するリスクも避けることができます。

おもちゃ収納の手順を考える

子どものおもちゃをきれいに整理整頓するためには、一体どんな手順を踏めばいいのでしょうか。

頭を悩ませているパパやママも多いことでしょう。ここでは、おもちゃ収納の基本的な手順をご紹介します。

これを参考に、子どもたちが安心して遊べる環境を作っていきましょう。

子どもの成長に合わせておもちゃの片付け方も変えてみる

まず大切なのは、子どもの成長に合わせておもちゃの片付け方を変えていくことです。これは、子ども自身がおもちゃを自分で片付ける習慣を身につけるための大切なステップです。

例えば、赤ちゃんの頃は、おもちゃは全部一緒に収納するのがおすすめです。

大切なのは、一つ一つのおもちゃが何なのか理解し、それを箱に入れるという習慣を身につけることです。

そして、子どもが少し大きくなり、言葉を理解し始めたら、おもちゃを種類ごとに分けて収納することを教えましょう。これにより、「分類」や「整理」の感覚を養うことができますね。

しばろう

我が家は下の子(1歳)はフタなしの箱、上の子(3歳)は下の子に遊ばれたくないものはフタありの箱にしまうようにしてます。
ちゃんとしまう理由を伝えると守ってくれて助かっています。

子どもが片付けやすい量のおもちゃで遊ばせる

次に、子どもが自分で片付けられるおもちゃの量を決めることも重要です。

これは、片付けの苦痛を減らし、楽しみながら整理整頓を続けるためのコツ。

一度にたくさんのおもちゃを出すと、片付けるのが大変になってしまいます。子どもにはその量が大きすぎて、どこから手をつけていいのか分からなくなってしまうこともあります。

そこで、出すおもちゃの数をある程度制限し、子どもが自分で片付けられる程度にしておくことがおすすめです。

しばろう

小さいうちは遊び方によって、ブロックだけ、人形だけと種類を限定するのも効果的。

リビングおもちゃ収納に関連するおすすめアイテム

リビングでのおもちゃ収納には、便利なアイテムがたくさんあります。ここでは、その中から特におすすめのものをピックアップしてご紹介します。これらを使えば、おもちゃの収納がさらに楽しく、効率的になること間違いなしです。

1. 多段収納ボックス

子どものおもちゃを種類ごとに分けて収納できる、多段収納ボックスは大変便利です。

引き出し式のものなら、子ども自身も簡単に取り出せますし、片付けもしやすくなりますね。透明な素材のものを選べば、中身が見えて取り出しやすいのもポイントです。

2. 収納付きキッズテーブル

キッズテーブルと一体型になった収納付きのものも、スペースを有効活用できておすすめです。

テーブルで遊んだ後は、そのまま下の収納へおもちゃを片付けられるので、子ども自身が片付けやすいというメリットがあります。

テーブルの下に収納ボックスをを入れれば省スペースにもなります。

3. 壁面収納

立体的に空間を使える壁面収納も、リビングのおもちゃ収納にはピッタリです。おもちゃが床面に広がることなく、すっきりと収納できます。また、子どもの成長に合わせて棚板の位置を変えられる可動式のものを選べば、長く使い続けられますね。

しかも、シンプルなデザインの物を選べば子どもが使わなくなっても大人が使えるから便利です。

まとめ

本記事では、散らかりがちな子どものおもちゃをリビングに収納する方法と子どもが片づけをする習慣について紹介しました。

「子どものおもちゃの収納」は、家庭の中での大きな課題ですよね。リビングでの収納を選ぶ際には、そのメリットとデメリットを理解することが大切です。

リビング収納の利点は、子どもと一緒の時間を過ごしながら遊ぶことができ、親が子どもの遊びを見守りやすいということです。

デメリットとしては、おもちゃが散乱しやすいという点が挙げられますが、これは収納方法を工夫することで解決できます。

本記事で紹介したおもちゃ収納で意識するポイント

おもちゃ収納で意識する3つのポイント

  • 子どもが自分で出し入れできる位置に設ける
  • おもちゃの種類ごとに分けて収納する
  • 子どもが使用頻度の高いおもちゃを手前に置く

しかし、収納には注意点もあります。例えば、家具や収納ラックが倒れるリスクを考慮すると、壁面収納が安心です。子どもの成長に合わせておもちゃの片付け方を変えていく柔軟性も必要です。

最後に、リビング収納に役立つアイテムとして、多段収納ボックス、収納付きキッズテーブル、壁面収納などがあります。これらを活用することで、リビングのおもちゃ収納はもっと便利で楽しいものになります。

多段収納ボックス、収納付きキッズテーブル、壁面収納それぞれを記事本文中で紹介しているので、気になる方は覗いてみてくださいね。

よくある質問

リビングにおもちゃを収納するメリットは何ですか?

リビングにおもちゃを収納するメリットは大きく2つあります。1つ目は、家族みんなが遊びを共有でき、コミュニケーションが活発になる点ですね。2つ目は、子どもが自分でおもちゃを片付ける習慣を身につけられること。これは、自己管理能力の育成にもつながります。

リビングでおもちゃを収納するときの注意点は何ですか?

リビングでおもちゃを収納するときの注意点として、まずは安全性が挙げられます。家具や収納ラックを選ぶ際は、地震による倒壊のリスクを考慮した壁面収納を選ぶことが重要です。また、子どもが自分でおもちゃを出し入れしやすい位置に収納することも忘れてはいけません。

おもちゃ収納におすすめのアイテムは何ですか?

おもちゃ収納におすすめのアイテムとして、多段収納ボックス、収納付きキッズテーブル、壁面収納などが挙げられます。これらをうまく利用することで、リビングがより機能的で、子どもがおもちゃを片付けやすい空間になりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする