家づくりの不安や悩みを解決して楽しい家づくり快適な家づくりを始めよう!

車のエアコンが走らないと冷えない原因は何?冷えるまで時間が掛かる時の対処法

当ページのリンクには広告が含まれています。
車 エアコン 走らないと冷えない 原因

夏の暑い日、車に乗り込んでエアコンをつけるも、なぜか冷えない。

あなた

最近はエアコンがなかなか聞かないんだ。
走り出してようやく冷えるようになる…。

こんな経験、ありませんか?

車のエアコンが走らないと冷えない原因を知りたいあなたに、この記事はピッタリです。

この記事を読むことで、エアコンの冷え不足の真の原因と、それを解決する具体的な方法を知ることができます。

本記事の方法を試すことで、車の中が快適になり、ドライブの楽しさが倍増することを実感できるでしょう。

車のエアコンが走らないと冷えない原因を知りたいあなたも、私と同じように車のエアコンの悩みから解放され、快適なドライブを取り戻しましょう。

カーエアコンが走らないと冷えない原因は?

車のエアコンが走行中でないと冷えない、という症状にはいくつかの原因が考えられます。

初心者の方にもわかりやすく説明すると、エアコンの部品の故障や、エアコンガスの不足、配管の汚れなどが主な原因として挙げられます。

それぞれの原因と対処法を詳しく見ていきましょう。

エアコンコンデンサーファンが故障している

エアコンコンデンサーファンとは、エアコンの冷却を助けるためのファンのことです。

このファンが故障すると、エアコンの冷却効果が低下します。

特に停車中にこのファンが動かないと、エアコンの冷えが悪くなることが多いです。

故障のサインとしては、ファンの回転音がしない、または異音がする場合があります。

エアコンコンプレッサーの劣化

エアコンコンプレッサーは、エアコンの「心臓」とも言える部分です。

このコンプレッサーが劣化すると、エアコンの冷却能力がダウンします。

長年の使用や、過度な負荷が原因で劣化することがあります。

定期的な点検やメンテナンスで回避しましょう。

エアコンのガス不足や漏れ

エアコンガスは、エアコンの冷却に必要なガスのことです。

このガスが不足すると、やはりエアコンの冷えが悪くなります。

ガスの漏れの原因としては、配管の劣化や接続部の不具合などが考えられます。

ガスの補充はディーラーや代理店、カーショップで行うのがオススメです。

エアコン配管内部の汚れ

エアコンの配管内部が汚れると、冷却効果が低下することがあります。

特に、エアコンフィルターの交換を怠ると、ホコリや花粉などが配管内に溜まりやすくなります。

なかなか、目視で確認するのが難しい場所なので、定期的なフィルターの交換や、クリーニングを行うことで、このような問題を防ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

車のエアコンが効かないときの対処法

夏の暑い日、車のエアコンが効かないというのは本当に困りますよね。

そんなときに試してみたい対処法をいくつかご紹介します。

これらの方法は、一時的な対策として役立ちます。

車のエアコンを内気循環に変更

エアコンが効かないと感じたら、まずは「内気循環」に切り替えてみましょう。

外気を取り込む「外気循環」よりも、車内の空気を循環させる「内気循環」の方が、冷房効果を感じやすくなります

特に、外の気温が高い場合や、大気汚染が気になる場所では、この方法が効果的ですよ。

アイドリングストップ時の設定を変更

最近の車には、燃費を向上させるための「アイドリングストップ」機能がついているものが多いですね。

このアイドリングストップ機能が作動するとエアコンの効きが悪くなることがあります。

そんなときは、アイドリングストップの設定を一時的にオフにしてみると、エアコンの効きが改善されることがありますよ。

空ぶかしをおこなう

エアコンが効かないと感じるとき、アイドリング中に少しアクセルを踏んで「空ぶかし」をすると、エアコンの効きが良くなることがあります。

エンジンの回転数を上げることで、エアコンのコンプレッサーの回転数も上がり、冷房効果がアップします。

ただし、長時間の空ぶかしは燃費に悪影響を及ぼすので、適度に行うようにしましょう。

スポンサーリンク

カーエアコンの仕組みとは?

車の中が涼しくなる、あの心地よい風を生み出すエアコンはうやって冷やしているのでしょうか?

簡単に言うと、エアコンは特定のガスを使って、車内の空気を冷やす仕組みになっています。

では、詳しく見ていきましょう。

エアコンの仕組み

エアコンは、冷媒というガスを使って動いています。

このガスは、高温・高圧の状態から低温・低圧の状態に変わるときに冷える性質があります。

エアコンはこの性質を利用して、車内の空気を冷やします。

具体的には、コンプレッサーコンデンサー蒸発器という部品が連携して動いてるんです。

エアコンの冷媒とは?

冷媒とは、エアコンが冷えるための大事なガスのことです。

このガスは、エアコンの各部品を流れることで、空気を冷やす役割を果たしています。

冷媒は時間とともに減少することがあるので、エアコンが効かなくなったら、冷媒の補充が必要かもしれません。

エアコンのコンプレッサーの役割

コンプレッサーは、エアコンの「心臓」とも言える部分です。

この部品が冷媒を圧縮し、エアコンのシステム全体を動かす原動力となります。

コンプレッサーが正常に動かないと、エアコン全体の性能が低下することも。

定期的な点検やメンテナンスが大切ですよ。

スポンサーリンク

エアコンの故障かも?点検をするサイン

車のエアコンがうまく動かないとき、その原因は何でしょうか。

故障のサインを早めにキャッチして、適切な対処をすることが大切です。

エアコンの故障を疑う場合のサインについて詳しく説明します。

エアコンを付けたら異音がする

エアコンをつけたとき、普段とは違う音がすることはありませんか?

「キーン」という高い音や「ガリガリ」という異音が聞こえる場合、それはエアコンの故障のサインかもしれません。

特に、音が大きくなったり、頻繁に聞こえるようになったら、早めの点検が必要です。

エアコンをつけると臭い

エアコンの風が弱い、もしくは風が臭いと感じたら、エアコンフィルターの詰まりが考えられます。

フィルターは、外部からのホコリや花粉をキャッチする役割があり、長い間交換しないと詰まってしまうことが。

風が弱くなくてもカビ臭いと感じたら要注意です。

定期的な交換を心がけ、エアコンの風をクリーンに保ちましょう。

スポンサーリンク

エアコンの修理方法と費用

車のエアコンが故障すると、快適なドライブが台無しになってしまいますよね。

そんなとき、どのような修理方法があるのか、また、その費用はどれくらいかかるのでしょうか。

エアコンの修理方法は?

エアコンの故障には様々な原因が考えられます。

まずは、専門の整備士に診断してもらうことが大切です。

一般的な修理方法としては、

  • エアコンフィルターの交換
  • エアコンガスの補充
  • コンプレッサーやコンデンサーの交換

などがあります。

故障の原因や状態によって、適切な修理方法が異なるので、一度、専門家診てもらうことをオススメします。

修理費用はどれくらい?

エアコンの修理費用は、故障の原因や修理の内容によって変わります。

例えば、エアコンフィルターの交換だけであれば、数千円程度で済むことが多いです。

一方、コンプレッサーの交換が必要な場合は、数万円以上かかることも。

具体的な費用は、車のメーカーやモデル、整備工場によっても異なるので、いくつかの工場で見積もりを取って比較すると良いでしょう。

よくある質問

車のエアコンが走らないと冷えないのはなぜですか?

車のエアコンが走行中でないと冷えない主な原因は、エアコンの「コンデンサーファン」の故障です。このファンは、エアコンの冷媒を冷やす役割があります。走行中は風が当たるため冷えますが、停車中はファンが動かないと冷媒が冷えず、エアコンの効果が低下します。

エアコンの「コンデンサーファン」とは何ですか?

エアコンの「コンデンサーファン」は、エアコンの冷媒を冷やすためのファンです。車が走っているときは、外からの風で冷媒が冷やされますが、停車中はこのファンが冷媒を冷やします。ファンが故障すると、停車中のエアコンの冷却効果が低下しますよ。

エアコンが冷えない場合、どのような対処をすればいいですか?

エアコンが冷えない場合、まずは「エアコンフィルター」の確認や交換をおすすめします。フィルターが詰まると冷えにくくなります。また、エアコンのガスが不足している場合も冷えにくくなるので、ガソリンスタンドやカー用品店でのガス補充を検討してみてくださいね。

まとめ:車のエアコンが走らないと冷えない原因は何?冷えるまで時間が掛かる時の対処法

車のエアコンが走らないと冷えない原因には、いくつかのな原因が考えられます。

まず、エアコンの「コンデンサーファン」の故障が挙げられます。

このファンは、エアコンの冷媒を冷やす役割を持っています。

車が走行中の場合、外からの風で冷媒が冷やされるのですが、停車中はこのファンが冷媒を冷やす役割を果たします。

もしファンが故障していると、停車中のエアコンの冷却効果が低下します。

次に、エアコンの冷媒ガスの不足や漏れも車のエアコンが走らないと冷えない原因として考えられます。

冷媒ガスが不足すると、エアコンの冷却能力が低下し、十分な冷えを感じられなくなります

また、エアコンフィルターの詰まりや汚れも影響します。

フィルターが詰まると、エアコンの風量が低下し、冷えにくくなることがあります。

車のエアコンの問題には、さまざまな原因が考えられますが、車のエアコンが走らないと冷えない原因を理解し、適切な対処を行うことで、快適なドライブを楽しむことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする