家づくりの不安や悩みを解決して楽しい家づくり快適な家づくりを始めよう!

注文住宅で洗面所をおしゃれに作るポイントを紹介!使いやすい設計でキレイな洗面所

当ページのリンクには広告が含まれています。
注文住宅で洗面所をおしゃれに 作るポイントを紹介! 使いやすい設計でキレイな洗面所

注文住宅を建てるなら、洗面所も自分好みのおしゃれ空間にデザインしたいと思いますよね。

でも、洗面所をおしゃれにするコツがわからなかったりどんな洗面所がおしゃれなのわからずに迷ってしまうことも多いはず。

この記事では、注文住宅で洗面所をおしゃれに演出するためのポイントを具体的に解説します。

洗面台や照明、収納の選び方から、色合いや素材の組み合わせのコツまで、洗面所をおしゃれにする方法を紹介しています。

この記事を読めば、これまでイメージだけあって実現できなかった理想のおしゃれ洗面所が、自分の注文住宅で確実に実現できるはずです。

ぜひ最後までじっくり読んで、注文住宅で得られる自由な発想で、夢の洗面スペースをカタチにしましょう。

注文住宅でおしゃれな洗面所にするポイント

洗面所は、毎日顔を洗ったりお化粧をするなど、家族が頻繁に利用する場所です。

おしゃれな洗面所をつくることで、気分が明るくなり生活の質も上がります。

注文住宅なら、洗面所も自分の好みのデザインにカスタマイズできるので、おしゃれに仕上げるチャンスです。

洗面台は既製品と造作のどちらで選ぶべきか

洗面台には大きく分けてメーカーが作っている既製品の洗面台と、造作洗面台の2種類があります。

どちらの洗面台がおしゃれとは一概には言えないので、それぞれの特徴を見てみましょう。

既製品の洗面台とは?

既製品の洗面台は、市販されている完成された洗面台を設置するタイプです。

デザインのバリエーションも豊富で、コストを抑えられる利点があります。

様々な人が使うことを想定しているので収納の大きさや数が多いので使いやすいのが特徴。

サイズの規格は決まっているので、大きさを自分好みにしたいという方には不向きです。

造作洗面台とは?

造作洗面台とは、大工さんや家具屋さんに特注で作ってもらう洗面台のことです。

洗面ボウル、水栓、ミラーキャビネットや収納などの付属品を自分で選んで作るオリジナルの洗面台のことです。

自分だけの洗面空間を作ることができますが、既製品に比べコストが掛かることや自分で1点1点付属品を選ぶ手間があります。

どちらを選ぶかは、予算と個性の両面から考えると良いでしょう。

水栓選び

水栓は、デザイン性だけでなく、水流が通常とシャワーの切り替え機能があると便利です。

最近ではセンサー式の自動水栓も家庭用に出回っているので、汚れた手で水栓を触りたくない時に便利です。

直接触らなくても水が出るので衛生面でもおすすめです。

ボウル選び

ボウルは、洗面所の印象を左右する重要なアイテムです。

埋め込み型、置き型、半埋め込み型、壁への設置型、カウンター一体型など様々なタイプがあります。

器の形状や色、使い心地などを考慮して選びましょう。

鏡選び

縦、横の大きさで洗面所の使い勝手が変わってくるので、洗面スペースに適した大きさの物を選ぶようにしましょう。

鏡のサイズは、洗面台の幅以上に大きめに取るのがおすすめです。

また、鏡の形状で洗面所の印象も変わるので、どんな洗面所にしたいかで選ぶのも忘れずに。

カウンター選び

化粧品や日用品を置くカウンタースペースは、十分な幅を確保しましょう。

収納も考慮したデザインが理想的です。

カウンターはボウルと同じように色や素材が選べる物があるので全体的なバランスをみて素材選びをしましょう。

タオル掛けなど小物選び

タオル掛けなどの小物も、デザイン性を意識して選ぶと洗面所の雰囲気が変わります。

洗面所のアイテムとしては少し存在感が薄いですが、無くては困る物。

機能性や使いやすさを考慮すると失敗しづらくなります。

クロス選び

洗面所まわりに使うクロスは、素材感もデザインも重要なポイント。

しかし、一番考えなければいけないのは耐水性防水性です。

耐水性や防水性の無いクロスを使用すると水はねによる濡れでクロスが剥がれてしまったり、シミができてしまうことがあります。

洗面所のイメージに合ったクロス選びつつ耐水性、防水性の高いクロスを用意しましょう。

照明選び

明るすぎず暗すぎない照度のLED照明がおすすめ。

鏡の上下に照明を配置すると、照らし方もおしゃれになります。

ハッキリとキレイに鏡を見たい場合は明るい寒色系の照明、全体的な空気感を暖かい空間にしたい場合は暖色系の照明にするのがポイントです。

床材選び

防水性が高く、足元がすべりにくいストーン調のタイルが洗面所に適しています。色合いで統一感を出すのがポイントです。

スポンサーリンク

おしゃれを意識しつつ使いやすい洗面所にするために

洗面所をリフォームする際は、見た目のおしゃれさだけでなく、実際に使う人の視点で使い勝手の良さも考えることが大切です。

現在使っている洗面台の不満点を洗い出す

まずは、今の洗面台で不便に感じている点や改善したい点をリストアップしましょう。

狭い、物を置くスペースがない、照明が暗いなどの意見を家族から集めると良いでしょう。

何人家族でどんなタイミングで使うのか

洗面所は家族それぞれが朝や寝る前に利用します。

1日のうちで混み合う時間帯があるか、大人数で同時に使うことはあるかを確認しましょう。

それによって必要な洗面スペースや収納量が変わってきます。

収納したい物の種類と数を明確にする

洗面所に置きたい日用品や美容家電などの種類と数をリストアップします。

たとえば、歯ブラシスタンドが各家族分必要か、大容量の石鹸箱を置きたいかなど、収納計画を立てましょう。

スポンサーリンク

おしゃれで使いやすい洗面所の実例を紹介!

洗面所をリフォームする際の参考になるよう、おしゃれな洗面所の実例をご紹介します。

個性的で使いやすいフロートタイプの洗面台

引用元:https://sumai.panasonic.jp/sumai_create/livingideas/#/idea42

フロートタイプの洗面台は、壁から浮かしているようなデザインが特徴です。

この洗面台は真っ白な石材を使用しており、高級感があります。

洗面台下には収納スペースが設けられ、日用品をしまえるのがポイント。

照明や鏡のデザインも統一感があり、個性的な洗面所になっています。

鮮やかなカラーが目をひく、掃除のしやすい洗面所

引用元:https://corporation-n.com/blog/detail/20230919190342/

この洗面所は、カラフルなタイルが使用され、ポップな印象です。

洗面台は白をベースにしているので、カラータイルとのコントラストが際立ちます。

タイルには水をはじく効果があり、掃除がしやすいのがメリット。

明るい空間になっています。

家全体のテイストを反映したモノトーン調の洗面所

北欧テイストのインテリアが特徴の家に合わせて、洗面所もモノトーンで統一されています。

白で統一された床と壁、白い洗面台がシンプルでおしゃれ。

収納や照明も無駄な装飾がなく、落ち着いた雰囲気に。

こうした統一感のある洗面所もおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ:注文住宅で洗面所をおしゃれに作るポイントを紹介!使いやすい設計でキレイな洗面所

注文住宅なら洗面所も自由にカスタマイズできるので、おしゃれな空間が実現できます。

洗面所をおしゃれにするコツは以下の通りです。

  • 洗面台は既製品か造作かを考慮する。造作だと自由度は高いがコストもかかる。
  • 水栓や鏡、照明など細部のデザインにも気を配る。全体の雰囲気作りが大切。
  • 収納スペースは十分に確保する。化粧品や日用品を収納しやすいことが重要。
  • 家族が実際に使うシーンを想定し、使い勝手のよさも考える。
  • 色使いや素材選びで統一感を出す工夫をする。

注文住宅の洗面所をおしゃれに演出するには、デザイン性と機能性のバランスがポイントです。

自分好みのおしゃれな洗面所を、ぜひ実現してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする