ハウスメーカー選び マイホーム

ハウスメーカーと工務店の違いって何?

どうも、しばろうです。

突然ですが、あなたはHMと工務店の違いって知ってますか?そもそもその言葉自体を聞いたことないし、考えたこともないから違い云々の前に「知識0」という方もいるかと思います。そんな方も含め「これから家を建てる」、「近いうちに建てたい」と思っている方に向けて私が調べた事をお伝えして、今後のマイホーム購入に役立ててもらえればと思います。

HM(ハウスメーカー)とは?

一般的にHMとは、「自前の生産設備を持ち、工業化(プレハブ化)または建築資材の一部を規格化することによって、注文住宅の大量生産を全国規模で展開している会社」の事を指すようです。ざっくりですが、簡単に言ってしまうと工場のように「家」を規格化して大量生産できる拠点を全国展開している会社の事を呼んでいます。

本来、住宅は一軒、一軒、建築されるものですが、個別に生じる設計や施工方法をあらかじめ統一しておくことで、品質と生産効率を高めようとしたのがHMです。

HMの住宅は、住宅の工法や部材、サイズなどの基本仕様について、行政から「こういう工法、仕様で家を建てます」という認可をあらかじめ一括して取得し、その規格の範囲内で設計、施工を行います。これによって、本来家を建てるために必要な手続き等を簡略化することが認められており、これを「型式適合認定」と言います。

簡単に言ってしまうと、「HMの住宅=型式適合認定を受けた住宅」という事です。HMの中でも、様々な工法(加工や工事の方法)があり一般的に広く普及している工法の商品では、型式適合認定を取得していないケースもありますが、このようなケースでも、建築資材の一部を規格化することによって工業化を図ってい流ので、本質的な違いは無いとの事です。

HM住宅は、一般的な住宅で求められる個々の建築確認や審査を簡略化することができ、あらかじめ部材を大量に仕入れたり、前加工することによって建物自体の原価を大幅にコストダウンすることができるため、1つ1つの建物の品質を一定の水準に保つことが可能です。

逆にいうと、HMの設計の自由度は、自由設計とは言っても、あらかじめ認可を受けた型式適合認定や各HM毎の規格の範囲内に限られます。少し極端な例になってしまいますが、三角形の土地に三角形の家を建てたいと思ってもHMの中に「三角形住宅」のようなカテゴリーが無いと建てる事ができないというい事になります。

HMによっては、自社の型式適合認定の枠にとらわれない住宅を販売する部署(特建事業部等)を持っていることがあります。この場合は、企業規模や企業の永続可能性、保証の手厚さ等のメリットはありますが、実質的な建築方法については工務店が施工を行う場合と変わりがなく、HM本来の工業化のメリットは少なくなります。

工務店とは

工務店とは、複数の専門工事業者をまとめて管理し、工事全体を管理することによって、総合的な工事を請け負う業者のことを言います。

日本では昔から大工さんが、設計から左官などの他の職人を仕切ることまで住宅建築に関するすべてを取り仕切ってきました。この大工の棟梁が発展した形が工務店であるといえます。恐らく工務店と聞くと「町の大工さん」を想像する方がいると思いますが、このイメージが強いからだと思います。

しかし、現在の工務店像は伝統的な形とずいぶん違ってきており、いろんなタイプ分けをしてみるとおおよそ以下のようになります。

(1)棟梁タイプ

典型的な大工さんのイメージ。職人である棟梁が設計から工事までを行う。

(2)デザイン(設計)重視タイプ

社内に建築士を抱えたり、社外の設計事務所と連携し、デザイン(設計)によって他社との差別化を図っている。

(3)施工専門タイプ

外部の建築家の設計による施工だけを行い、設計は請け負わない。

(4)フランチャイズタイプ

HMの下請けや、特定工法のフランチャイズ業務が中心。最近は独自で仕事を受けるし、HMから依頼があれば手伝いに行くパターンが多いみたいです。(もちろんHMと契約をしています。)

(5)ハウスメーカータイプ

特定の建材・設備などを使った住宅を商品化・シリーズ化して販売。年間の着工件数、工期はHMよりは劣りますが、規格化されているので品質が安定しています。

(6)デベロッパータイプ

自社で土地を購入し、建築、販売する工務店。

さらに、ほとんどの工務店は上記の複合形であり、まさに工務店の数だけ形態があると言っても過言ではありませんが、通常は「工務店で建てる」といえば、工務店に設計と施工の両方を依頼することを指しますので、少なくとも「(3)施工専門タイプ」以外のタイプが依頼の対象になります。

また、施工会社は、建設会社、サブコン、ゼネコンなどと呼ばれることもありますが、会社の規模が違うだけで本質的な違いはありません。しかし、組織力を要する大きな仕事はやはり大きな会社が得意な一方で、大きな会社は管理コストも高いため、個人住宅を建てるのは、主に50人くらいまでの中小工務店が中心となります。

HMは選択型、工務店はオーダーメイド型

先ほど「ハウスメーカーとは?」、「工務店とは?」で説明したことを踏まえて2つを比較してみましょう。

HMは基本的に全国展開しており、「~シリーズ住宅」のような商品として規格化されたラインナップの中から好みのタイプを選び、一定の範囲内で家をカスタマイズして作っていくイメージです。

一方、工務店は地域密着型で、HMよりも小規模な会社が多いです。お客さまの要望を聞きながら、家をゼロから一緒に作っていく形になります。

もう少し細かい内容をまとめたので下をご覧ください。

■HM(ハウスメーカー
1. 対応エリアが日本全国にわたる
2. 規模が大きく経営が安定している
3. ブランド力や信頼感がある
4. 仕様が規格化されているので工期が短く済む
5. 品質が一定で保証が長め
6. 住宅展示場があり、モデルハウスを見学できる


■工務店
1. 地域密着型で、何かがあった時にすぐ駆けつけてくれる
2. 柔軟性があり自由度の高い間取りが可能
3. ハウスメーカーと同じ物をつくるなら安くすむ場合も
4. 工務店によって品質や保証にバラつきがある
5. 経営規模が小さいとこの先倒産する可能性も
6. コストパフォーマンスは高い

メリットとデメリット…ブランド力と家づくりのスタイルの違いは?

HMで家を建てる事の「メリット」、「デメリット」を挙げるのは難しいのですが、

メリットとしては「安心感」と「ブランド力」だと思います。

会社の規模が大きく、工場で大量に生産される資材や商品を使用することで原価を抑え、工期の短縮や品質の安定化を実現しています。

デメリットとしては、仕様が規格化されていたり、設計の自由度が制限されるというデメリットもあります。

また、CMやモデルハウスといった広告宣伝費が、住宅価格に反映されているメーカーもあるようです。

工務店もHMと同様に「メリット」、「デメリット」を挙げるのは難しいのですが、

メリットは、規格商品を持つハウスメーカーとは違い、仕様やプランに制限がないことが多いです。なので、ハウスメーカーでは不可能なプランさえも、工務店なら叶えられる可能性があります。

家に対してこだわりがある方や狭小地、特殊な形状の土地に家を建てたい方にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

デメリットは、こうした柔軟な対応ができる分、ハウスメーカーに比べて工期が長くなる場合があります。また会社の規模が小さい分、経営状況の心配や、施工がメインであるための提案力不足などの不安要素もあります。

値段と価値…品質や保証も比較して自分に合っているか確認


人間誰もがぶち当たる壁の一つ、値段の面ではどちらが安いのか?

これはどちらが安い!とははっきり言えません。どんな家を建てるのかによっても変わってきますし、それぞれ様々なタイプの会社が存在するので、一概には言えません。

ただ、一般的には、工務店は広告宣伝費をかけていない分、価格はハウスメーカーよりも抑えられることが多いようです。坪単価だとハウスメーカーの方が割高になるとも言われています。

一方、ハウスメーカーの場合「企画住宅」という“規定の間取りで全部コミコミでいくら”というキャンペーンを行っている場合もあり、そういったものを使うと工務店より安いケースもあります。(実際、私はちょうど大型キャンペーン期間に契約したため大幅な恩恵を得られました。)ただし、指定以外のものに変更しようとすると、その分高くなってしまいます。

もし、2000万円や3000万円と限られたご予算の中で、こだわりをたくさん活かしたいということであれば、工務店のほうが融通が利くと思います。

また、ハウスメーカーだと建てた後も24時間365日対応のコールセンターを設けているところもあり、何かあったときには即対処してもらえるなど、アフターフォローも大手ならではの手厚さというケースもあります。工務店も地元住民との距離が近いところであれば手厚い対応をしてもらえると思いますが、工務店によってなのでアフターフォローが安定しているとは言えない場合があります。

建てて終わりではなく、この先何十年とメンテナンスをしながら住む家です。値段だけではなく、アフターフォローの部分まで考えて、価値を決めることが大切だと思います。

実はピンキリ…優良な工務店を見極める

様々なタイプがある工務店で良い工務店を見極めるポイントを知りたいですよね?

実際にそんなポイントがあるのか調べてみたらありました!

工務店の信頼性を客観的に見極めるポイントとして、住宅完成保証制度に加入しているかどうかが判断する時の材料になるようです。

住宅完成保証制度に加入している工務店を選ぶと、万が一倒産した際にも、別の建築業者や工務店の引継ぎで生じた追加費用や前払い金が保証されるため、新たな負担を最小限に抑えられるので安心です。

また、登録を希望する工務店には、経営状態などの厳しい審査があるため、加入している工務店は信頼性が高い会社と判断できます。今のご時世、天災や新型コロナウイルスの影響で景気が不安定なので大事な判断材料になりますよね。

あとは、一級建築士や二級建築士、一級施工管理技士などの有資格者の在籍数も、技術力を見極めるポイントです。

あとは身近なところで言うとホームページがしっかりあること。そして、定期的に更新されているのかどうかでも判断しやすいと思います。今のネット社会、自社を積極的にアピールしている会社の方が興味を持ちやすいですし、安心感がありますよね。

実は私の友人に家が工務店の人がいるのですが、その友人が言うには「その工務店の社長が自ら営業を行っていたり、活躍してホームページに載っているところは信頼性がある」と言っていたのを思い出しました。確かに家を建てることへの自信や誠実さの表れが行動させるのでしょうね。

さらに工務店だと、地元や限られたエリアでやっている以上、口コミも大切です。悪い評判は地元はもとより、インターネットやSNSですぐに広まるため、何十年と長くその土地で営業し、施工数が多い工務店は一つの信頼の目安となります。

ただし、工務店の場合、社長や営業担当の方がもともと現場の大工出身なんてケースもあり、腕がよくても口下手で無愛想。「THE職人気質!」という人も多いので第一印象で判断せずに相手を知ろうとする努力はした方が良いかもしれないですね。私の友人のお父さん(社長)も「THE職人」な人ですが、打ち解けるととことん優しくしてくれる方でした。なので是非歩み寄ってください。

少し話がそれましたが、職人気質のせいでインターネットの口コミ評判が下がっているケースが実際にあるようです。単純に担当者の対応や相性なのか、工務店としての質、技術力の問題なのかは、こちらが見極める必要があります。

工務店とHMに迷ったときは直感で!!


色々と説明をさせてもらった情報を、自分なりに咀嚼しているとは思いますが、結局どっちに頼めばいいのかまだはっきりとは決まらないですよね。

実際、HMで建てる家を決めても、その後はHMから地元の工務店や大工さんに依頼して、その家を作ってもらうことになります。

もちろん、それにはHMならではの規格化された建材とマニュアルがあってのことですが、工務店だから技術力がHMより劣るということはありません。

工務店でも、熱心に住宅の研究や勉強を重ねて技術力を高めているところもあれば、注文住宅の他にもリフォームや内装工事を併せて手がけているところがあったりと様々です。

その差は小さくないため、どの工務店を選ぶのかが重要になってきます。もし、どこに頼んでいいのかわからない時は

  • 実例集を見て自分の好みに合うかを判断する
  • 理想の間取りがそれなりのコストで実現する
  • 担当者とのフィーリングが合うか
  • その会社で家を建てた人の意見を聞く

を意識して考え、最終的な判断は直感で決めるのが後悔の少ない選択方法の一つだと思います。全てが理想通りの家を建てるのが1番最高な形ですが、中々うまくはいかないので自分の中で“ピン“ときたもので決めるのもありだと思います。

この記事があなたの家購入に役立てば幸いです。

スポンサーリンク

-ハウスメーカー選び, マイホーム

© 2021 ゆるしばブログ