【間取り見積もりシミュレーション】ランキング公開! ランキングへ移動

テレワークに最適な書斎を作る!レイアウトのポイントは?

テレワークに最適な書斎の作り方
しばろう

どうも、「ゆるしば快適家づくり」管理人のしばろうです。

テレワークや在宅勤務を導入する企業が増えて、仕事用スペースとして書斎を使う人が増えています。

家に書斎を作る場合、どのくらいの広さが必要なのか、どのようなレイアウトがいいのか、快適に過ごす空間作りのポイントなどわからないことが多いですよね。

あなた

在宅勤務と言ってもやることは仕事だから、集中して作業ができる場所にしたいんだ。どんなことに気をつければいいんだろう。

しばろう

ただ作業するだけならどんな部屋でもいいけれど、会社と同じパフォーマンスで仕事をするならこだわった空間にしたいよね。

この記事では、効率よく、集中して仕事ができる書斎のレイアウトについて紹介します。

広さ別の書斎の作り方やコーディネートのポイント、注意点まで詳しく解説していきます。

自宅の書斎作りを検討している方や、書斎スペースを持ちたいと考えている方は参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 書斎レイアウトの種類
  • 広さごとの特徴
  • 快適な書斎の作り方
  • 快適な書斎の作り方
  • おすすめの書斎を作る場所

書斎はおすすめ間取りランキングでもTOP10に入るほどの人気です。それだけ在宅ワークや自宅で趣味の時間を過ごす人が増えたとうことですね。

おすすめ間取りランキング記事はこちら

【家づくり初心者におすすめ】間取りランキング TOP10

小さめの書斎ならでも簡単に作れます。もう家を建ててしまって手遅れだと思っている人も書斎づくりを検討してみましょう。

これから家づくりをする人は書斎のある家の間取りをシミュレーションしてみましょう。

自分が想像しているよりも素敵な間取り見積もりをメーカーが作ってくれますよ。

今、家づくりをしている方には「」がおすすめ!

間取り図
  • 間取り決めのアイディア集めになる!
  • 今の間取りの改善点が見つかる!
  • 完全無料で3分でオーダー

登録特典として、
「成功する家づくり7つの法則」の小冊子
家づくりを成功に導く【家づくりノート】テンプレート無料配布中です。

リンク先:タウンライフ公式

間取りをオーダーしても、契約縛りが無いのがGood!!

目次

代表的な書斎レイアウトは3種類

書斎のレイアウトにはいくつかの型がありますが、代用的なものとして

  • 壁付け型レイアウト
  • コーナー型レイアウト
  • アイランド型レイアウト

の3つがあります。

それぞれのレイアウトにどんな特徴があるのか見てみましょう。

壁付け型レイアウト

部屋の端に机を置くだけで完成するのが壁付け型レイアウトです。

この手軽さが魅力の一つですね。壁や床をリフォームしなくても、机を置くだけで終わるので、1番作りやすい型と言えます。

スペースが4畳以上あるような広い場所なら、通路幅もそれほど意識することなくイス、収納、本棚が置くことができます。

空いたスペースにサイドテーブルやソファなどを置くと、書斎+リラグゼーション空間にもなりますよ。

コーナー型レイアウト

部屋のコーナー(隅っこ)に机を配置するコーナー型レイアウトは、部屋の使いにくくなっているデッドスペースの活用方法として人気があります。こじんまりと作業をできるペースを作りたい人にに向いている型です。

部屋のコーナーを使う書斎なので、L字型の机を置くと広々と使えるのに部屋の邪魔にならないレイアウトになります。

しかし、どんな形であっても大きな机でコーナーが埋まると圧迫感が出やすいので、サイズはよく検討したほうがいいですね。

また、収納や本棚がスペースを圧迫する可能性もあるので、導線に配慮したレイアウトが大切です。

アイランド型レイアウト

アイランド型の書斎は、机を部屋の中心に置くタイプで、お偉いさんが仕事をするような部屋になります。イメージは都内のビルにある社長室って感じになります。

部屋の中に机をドンと置くので作業に集中して取り組める環境になりやすいのが特徴。

アイランド型の場合、空き部屋がある場合におすすめしますが、新居に作るのはスペースのことを考えるとおすすめできません。子供が自立して不要になった部屋をを書斎として使うぐらいがちょうどいい使い方です。

机を広々使える反面、収納や本棚は机から離れた場所に置くことになるので、調べ物などで本棚に移動する時は少し不便に感じます。

テレワークで使う書斎の大きさはどれぐらい?

これまでに紹介した書斎の型は広さが4畳以上〜が目安になるので大きな家を建てない限り導入は少し難しい間取りです。

しばろう

書斎は優先順位が低めの間取りだから、普通の家だと作るのは難しいよね。

ですが、テレワークが普及した最近では部屋というよりは、「ちょっとした書斎スペース」と言ったような小さめの書斎が人気です。

「普段使いは想定していないから、ちょっとしたときに使えればいい。」という要望が多いようで、既存の狭いスペースをしたり、新築する時からあらかじめ1〜2畳で作る人が増えています。

あなた

そうそう、一日のうち何時間も居るわけじゃないからそんなに広くなくていいんだ。

小さいものは0.5〜1畳、大きいものでは6畳以上の書斎バリエーションがあるので解説していきます。

1畳サイズの書斎:ミニサイズの書斎や驚きの半畳書斎

書斎の定義は広く、机とイスを置いて、その場で作業ができれば0.5畳〜1畳といった小さなスペースでも書斎になります。

最悪、イスがなくても机があり、立ったままその場で作業ができれば書斎になります。電子機器や仕事の資料などを多くは持ち込めませんが、集中して作業するスペースが欲しいという人には十分な書斎となります。

廊下の突き当りや収納横など、限られた空間を書斎として活用する際は、目的を1つに絞ることが大切です。

ひとつの場所であれこれやろうとしても、必要な家具や設備が増え、広さが不足してしまいます。用途を限定することで、スマートな書斎が完成します。

あなた

小さくてもいいとは言ったけど、0.5畳とか1畳はちょっと・・・

2畳サイズの書斎:端っこの使いづらいスペースや階段下

しばろう

次に紹介するのは2畳サイズ。お風呂場と同じぐらいだから、これぐらいがちょうどいいんじゃないかな?

1LDKの端っこのスペースや廊下の端っこ、階段下のスペースなどのコンパクトなスペースを利用して、2畳ほどの書斎が作れます。

壁付け型にして両サイドに本棚や収納を配置すれば、収納力がアップする上、使い勝手も格段にアップ。

他の部屋からエアコンの温風冷風を入れたり、卓上の扇風機や足元に小さめのヒーターを置けば狭い空間な分、室温もそれなりに快適な温度になります。

また、このぐらいの広さからイスの作りにこだわりを持っても、身動きが取れないなんてことにはならなくなって自由度が増します。

3畳サイズの書斎:デッドスペースの活用

2畳の書斎よりも使えるスペースが増えて置ける物のバリエーションも増えてきます。

元々、テレワーク用に作った書斎でも3畳あればスペースを持て余してしまう可能性が出てきます。そうなると、次の使い方としては、「趣味のスペース」として使うのが有効的です。

机、イス、収納、本棚を置いてもまだスペースがあるので趣味で使う工具や裁縫道具、ゲーム機を置いても無理なく使えます。

このぐらいの広さから家族の趣味スペースとしても使い勝手が良くなるので、書斎として作っても持て余すことは減ってきます。

あなた

どうせならボクだけじゃなくて家族で使えるスペースにしたいから、作るなら3畳の書斎かな。
階段下とかスキップフロアのような使いづらいスペースを有効化できるのがいいね。

テレワークでも集中できる書斎レイアウトのポイント

書斎でテレワークをすると言っても、場所は自宅。会社の中のように常にキリッと仕事モードでいるのは難しいのが実態です。

会社の人の目がないとついつい気が緩んでしまうのがテレワークの難しいところ。

そんな自宅テレワークでも集中できる書斎にするポイントを紹介していきます。

机とイスは大きさと機能性にこだわる

テレワークと言っても仕事をするときは集中してやらなければいけません。そのため、ずーっと机に張り付いて仕事をするのは会社も自宅も同じです。

そうすると重要視するのは環境の他に設備ですよね。書斎の設備といえば机とイス。

机とイスはなんと言っても使いやすさと自分に合った大きさであることが大事です。例えば机なら自分の必要としている広さの天板かどうか、字を書いたり、PC作業がをしたりするのに高さがあっているかが使い勝手の決め手になります。天板の高さを変更できる机だと自由度が増しますね。

イスも同様で、スペースにゆとりのある書斎なら肘掛けが付いているのや、リクライニング機能があるイスだと作業の合間にイスを倒してリラックスすることができます。

最近では「ゲーミングチェア」を使う人が多いです。ゲーミングチェアは派手目なデザインのものが多く、ビジネス感のあふれる書斎や電子機器の多い書斎には馴染みやすいですが、落ち着いた雰囲気の書斎やインテリア重視の書斎には少し不向きなところもあります。

収納棚や本棚で整理整頓

書斎は仕事や趣味の部屋として使う場所なので「もの」が多く集まる傾向にあります。家族の一人だけが使う書斎なら置く物の種類も限られますが、家族で使う書斎となるといろんな物が集まり落ち着いて作業ができなくなってしまいます。

そんなことを防ぐために重要なのが収納棚や本棚の存在。中でも収納は整理整頓にはとても重要です。収納を選ぶポイントはいろいろありますが、「中身が見えないもの」、「家族の人数分だけ収納場所があるもの」、「取り出しやすく、しまいやすいもの」がおすすめです。

部屋を整理して、ものを使いやすくするための収納なので「片付けやすく、取り出しやすいもの」を選ぶようにしましょう。

必要な設備を考慮したゆとりのあるコンセント_

書斎を作る上で意外と失敗しがちなポイントがコンセントです。書斎の広さにもよりますが、2畳、3畳の書斎だとあまりコンセントを作る場所もないですし、「狭い空間にいくつもあっても使わないだろう」と考えてコンセントを2口ぐらいにしてしまい、後々「コンセントが足らなかった!」と後悔するケースが多いです。

書斎の使い方によってコンセントの必要な数は変わりますが、パソコン、プリンター、スマホの充電器、卓上ライトや扇風機、作業で使う工具など書斎で使う電子機器は意外と多くあります。

これら全てを同時に使うことはないですが、パソコン、プリンター、スマホの充電器は常時使えるようにしておきたいので、最低でも3口は欲しいところ。それにプラスして、予備用でもう1口の合計4口あれば不自由なく電子機器を使えます。

家を建てるメーカーや工務店によって値段が変わりますが、コンセントは1カ所(2口)で3,000円程度で増やせるので惜しみなく作りましょう。

書斎を作るおすすめ場所

書斎は基本的に机とイスがあれば完成する場所なので、作る場所に制限はなくどこでも作れます。

しかし、最近はテレワークで使いたい人が増えてきたため個室になる場所や家族の出入りがない場所に作るのがおすすめです。

書斎を作るのにおすすめな場所

  • リビングが1階にある場合は、2階の廊下の端っこ。
  • 階段下の空きスペース
  • 寝室のクローゼットを改造、もしくは寝室とクローゼットの間

このような場所なら日中は人の行き来が少なく、こじんまりとした空間の中で作業に没頭できるので意外と落ち着いて作業ができます。

また、自分で工夫して書斎に作り替えやすい場所ですし、を業者に頼んでも大掛かりな工事にはなりにくいという面でもおすすめです。

オシャレで長居したくなる書斎の作り方

仕事や作業をするための空間といっても殺風景でつまらない空間だと愛着も湧きづらいですし、その空間にいるのがツラくて書斎で作業をするのが嫌になってしまう場合もあります。

せっかく作った書斎ですからオシャレで時間を忘れて長いしたくなる空間にしたいですよね?

特別なことはしなくてもオシャレで居心地のいい空間にする方法を紹介します。

観葉植物を置く

オシャレで居心地のいい空間にするには自然を取り入れるのが1番です。少しありきたりだと思うかも知れませんが、卓上におけるサイズの観葉植物を置くと雰囲気が変わりなんとなく楽しい空間になります

観葉植物の中でも、わたしの個人的なオススメは「小さめのサボテン」です。サボテンは他の植物と比べて水やりの頻度が少なく、虫も寄り付きづらいので、ある程度放置してしまったとしても心配がいりません。

また、小さいオモチャや雑貨とも馴染みやすいので一緒に置くと雰囲気が様変わりします。

写真や趣味のグッズを置く

イスに座ったまま長時間作業をしていると、息抜きが必要になってきます。ですが、仕事が忙しく書斎から離れるほどの余裕がないときは、その場で休憩を取るしかありません。

そうした時に気分転換に繋がるのが、写真や趣味のグッズです。家族で旅行に行った時の写真や青春時代の写真を見ていると現実から離れてその時のことを思い出し、楽しい気分が蘇ってきます。

趣味のグッズを見たり触ったりしているときも「この仕事が終わったら〇〇をしよう。」と、仕事が終わった後の楽しみを想像してラストスパートをかけることができます。

人それぞれモチベーションの保ち方は違いますが、自分なりにやる気が上がるグッズを近くに置いておくと良いでしょう。

インテリアや家具にこだわる

書斎に置くインテリアや家具にこだわることで、「この間買ったイスの座り心地を試してみよう。」、「あのスタンドライトを付けると雰囲気が出るから、今夜、作業しよう。」といったように、自分が気に入ったインテリアや使い心地の良い家具などを書斎に置くとついつい使いたくなりずっと書斎に居たくなります。

少々、値段が高いものになってしまうかもしれませんが、モチベーションが上がり、仕事に集中できるなら将来的には安い買い物になるでしょう。

まとめ:テレワークに最適な書斎を作る!レイアウトのポイントは?

この記事では自宅に書斎を作るときのポイントや書斎の種類について説明しました。

この記事を通してお伝えしたこと

  • 書斎レイアウトの種類
  • 広さごとの特徴
  • 快適な書斎の作り方
  • 快適な書斎の作り方
  • おすすめの書斎を作る場所

書斎の定義として「机」と「イス」があればどこでも書斎になるということでしたが、広さの区別として大きい書斎は4畳〜、小さい書斎は3畳未満として説明しました。

広い書斎にはレイアウトの種類として、

  • 壁付け型レイアウト
  • コーナー型レイアウト
  • アイランド型レイアウト

の3つのレイアウトがあり、小さい書斎では、

  • 0.5畳〜1畳の書斎
  • 2畳の書斎
  • 3畳の書斎

と、レイアウトの種類ではなく、サイズごとの使い方で紹介しました。

広い書斎は新築で家を建てる場合、他の必要な間取りに+して作るのは難しいので、使わなくなった子供部屋を書斎として使うことを提案し、小さい書斎は

  • リビングが1階にある場合は、2階の廊下の端っこ。
  • 階段下の空きスペース
  • 寝室のクローゼットを改造、もしくは寝室とクローゼットの間

上記のような場所の提案をしました。

広い書斎は中々作るのが難しいので、小さい書斎を作る人が多いと思います。

小さい書斎でもこの記事で紹介した工夫を実践すれば快適な書斎ができること間違いなしです。

余ったスペースや、使いづらいスペースを活かして快適に利用できる書斎を作って行きましょう。

今、家づくりで悩んでいる「あなた」へ

一生に一度のマイホームと考えると、「絶対に失敗したくない!」と肩に力が入ってしまいますよね。
失敗しないためにはいろんなパターンを考えて、自分たちの明るい未来を想像することが重要です。

でも、家づくりを始めるとこんな悩みを抱えてしまいますよね

あなた

・住宅展示場で1社見るだけで、何時間もかかっちゃう・・・
・後日、しつこい営業さんの対応するのが面倒
・探しても自分に合った間取りが見つからない
・いろいろ見すぎて何が理想なのかわからなくなる

悩みすぎて考えるのが嫌になっていませんか?


わたしは悩みすぎて、楽しいはずの家づくりが嫌になったこともありました。


でも、そんなときにタウンライフ家づくりに出会って、わたしの悩みや不安が解消されました

効率的なお家づくりに役立つ注文住宅の一括依頼サービス「タウンライフ家づくり」を利用すると悩みの8割が解消されます。

地域によって注文可能なハウスメーカーから
一括で見積もり、間取り提案が無料で受けられます。
便利な時代ですから、
最初が肝心の情報収集はお家で効率的に完結させましょう!

営業さんの電話攻撃は避けたい人は、
「情報収集の段階です。連絡はメールでお願いいたします。」と記入すればOK。

メール連絡も嫌な方は「他社での検討を始めたので、メール連絡も控えて頂けると幸いです。」と連絡すれば大丈夫です。

ハウスメーカーからの営業電話やDMは住宅展示場に見学に行っても避けられないので、メールでお断りできる分タウンライフ家づくりを利用する方が格段に楽です。
わたしも家づくりを始めた段階からタウンライフ家づくりのことを知りたかった・・・

\ 完全無料でオリジナルの間取りがもらえる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

副業ブロガー | ゆるしばブログ運営 【 本業 】ごく普通のサラリーマン ▶︎マイホーム検討時に悩んだ事や参考にした事について配信中 ▶︎いろんなハウスメーカーやいろんな間取りのメリット・デメリットをわかりやすく解説。 ▶︎様々な知識や情報をもとに家を購入して現在では快適な生活を送っています。【 桧家住宅で建築 】

コメント

コメントする

目次