マイホーム

アイダ設計ってどんな会社?〜ハウスメーカー紹介〜

どうも、しばろうです。

今回はハウスメーカー紹介の第二弾として「アイダ設計」さんを紹介していきます。

アイダ設計さんも関東圏では人気の高いハウスメーカーとして知れ渡っているメーカーさんです。

しかし、恥ずかしながらアイダ設計さんについて私は無知な部分が多く、住宅展示場での見学もしていないのです。たまたま近くの展示場に無かっただけなのですが、いろんな家をみて情報を仕入れるためにも少し遠くても観に行けば良かったなーと今更後悔しています。

本記事は私がネットで調べた事や、知人から話を聞いたりカタログを見せてもらったりして得た知識を詰め込んで行きますので安心して読んでください。

では、早速行ってみましょう!

アイダ設計ってどんな会社?

アイダ設計さんは「家族の愛は、家で育つ。」というキャッチコピーと俳優の小泉孝太郎さんのTVCMでお馴染みですよね。

実はこの「アイダ設計」さん…ハウスメーカーではなく…

不動産会社なんです!!!!

意外じゃないですか?私は正直驚きましたよ(笑)

なぜ、不動産会社がハウスメーカーのようなことをしているかというと、建売分譲住宅の販売や賃貸経営などの事業もしていて、中でも注文住宅の設計と建築に秀でているからとの事です。これは凄いですよね。つまり、土地も事情にも精通していて住宅建築にも強いという事ですから、人気が出るのにも納得ですね。

実際にアイダ設計で家を建てた人の中には

  • 設備や接客、説明が凄く良かった
  • 担当者の熱意が伝わり私たちの要望に耳を傾けてくれる
  • 予算以内でモデルハウス以上の出来になった。
  • コスパがいい

などの意見があるようです。金銭面以外にも「担当者の方がいい」という意見もあるので、メーカーとしての信頼感が人気に繋がっているのが伝わりますね。

また、会社の企業理念も

【人を育み、夢を叶え、心を豊かに よりよい住宅をより安く 丈夫で長持ちデザインスッキリ スピードと技を追求し続ける】

を掲げていて、お客さんの願いを叶えて満足させるという企業にとっては基本ですが、1番大切なことに力を入れているのが伝わりますよね。

以下、アイダ設計会社概要


 ● 創立 昭和56年1月6日
 ● 資本金 2億1,632万円
 ● 従業員数 1,054人
 ● 売上高 500億円
 ● 事業所 全国100ヶ所
 ● 登録免許 不動産業・建設業・建築設計・土地造成
  ・プレカット加工・損害保険代理業 他

住宅の工法と性能

アイダ設計さんが不動産会社と言う事は先ほどお伝えしましたが、そうなると「家づくりの方は大丈夫なの?」と思う方もいるでしょう。

結論から言うと「全く問題ない」です。むしろ他のハウスメーカーさんとなんら変わりません。というかハウスメーカーさんよりも優秀なところがたくさんあります。

木造軸組み工法を採用

「丈夫で長持ちする家を作る」ことをモットーに掲げ、住宅づくりに採用している工法は、日本の住宅の約8割が採用している「木造軸組工法」です。

現在、主流とされていきている2×4(ツーバイフォー)工法は採用していません。

木造軸組工法は在来工法とも呼ばれていて、日本では最も主流な工法になります。

木造軸組工法の特徴としては、工法として複雑で職人の技術、熟練度、構造指針がしっかりとしていないと、住宅の仕上がりや耐久性に差が出てきます。

逆に以上の条件を満たしていれば、「丈夫で長持ちする家」を最高の仕上がりで作り上げることを可能とします。また、木材は加工しやすく様々な間取りに対応できるのも強みですよね。

木材にこだわり、品質にこだわる

アイダ設計さんで使用する木材は自社工場で全てプレカット。
住宅づくりに使用する木材を全て自社で検査して仕入れています。そして、自社の工場で木材をミリ単位でカットを行います。

こうすることで、使用する木材の品質管理の徹底管理を行っています。自社で木材準備をしているからこそ品質に納得の行く仕事ができるって事ですね。

外部の住宅検査機関による施工品質の調査も行っているようです。

その調査には約100項目に以上のチェック項目があり、住宅の構造耐力の主要部分、および雨水の浸入を防止する部分、見え隠れする建物主要部分を中心に検査して、「全6回の検査」をクリアした後にお客さんへ引き渡しを起こなっているそうです。ここまで厳しく検査をしてくれているのであれば安心ですよね。

住宅性能は6項目で最高等級

家を買うときに気になるのが「コスト・デザイン・耐久性能」ですよね。日本は災害大国とも呼ばれているので「耐久性能」に重点を置いている人も多いと思います。

住宅には品質基準を示す「住宅性能表示制度」という制度があり、アイダ設計さんではその基準のほとんどを満たしています。

その基準とは

・ホルムアルデヒド対策

・断熱等性能

・維持管理対策

・劣化対策

・耐風

・耐震(損傷防止)

・耐震(倒壊防止)

というものがあり、このうち、アイダ設計さんは全ての項目において基準等級を満たしてます。

「住宅性能評価」についてはこちらをどうぞ

耐震性

耐震等級の推奨基準は「等級2」以上となっておりアイダ設計さんの住宅の殆どが基準をクリアしています。ただし、一部のローコスト住宅「ブラボースタンダード」のでは等級2を満たしていないようです。

一方で、耐震、耐火に特化した注文住宅である「セーフティハウス」は震度7の耐震実験にクリアしたと言うデータもあるのでハウスメーカーの技術としては十分に信頼できるレベルなので安心してください。

断熱性

日本は小さい国ですが、上の北海道と下の沖縄では同じ季節でも温度差がありますよね。そこに四季の季節変化が加わると温度差はより激しくなります。

そんな環境下で生活する私たちには家の断熱性は結構重要な要素になってきます。冷暖房のコストや体調管理にも影響してくるので要注意です。

そんな重要な「断熱性」をアイダ設計では重視していて「ブラーボ・ゼネクト」というシリーズの家は「北海道エリアの断熱性と同等」を謳っています。

それを可能にしているのが「高性能断熱材」です。この高性能断熱材で家を包み込む事で魔法瓶のような空間を生み出していて夏も冬も外気温に左右されない室内環境が実現できています。

また、そんな断熱能力を活かすためにセンサーが無駄を見つけて自動で節約する「高効率エアコン」を標準装備しています。家の特徴に合わせたエアコンを標準で付けてくれるのは家電に詳しくない人にとってはとても嬉しいですよね。

その他にも快適に生活ができるように「全熱交換環境システム」を導入しています。

「全熱交換環境システム」とは、各箇所に設置された吹き出しグリルを通しての給気と廊下や洗面所での集中排気で24時間常時換気する機能の事です。冷暖房の空気を逃さず、省エネ性に優れている他湿気の湿気の侵入や乾燥を防ぐメリットがあります。

アイダ設計の価格帯は?

アイダ設計の特徴はローコスト住宅からハイグレード住宅まで幅広いシリーズがあることです。ですが、シリーズを選べるといっても実際に建築でかかる費用はどれぐらいなんでしょう。

坪単価

ローコストからハイグレードまで幅広くありますが、坪単価は35~65万といわれています。

ですが、こだわりを持って家を建てたい方は費用はそれ以上に、はたまた、あまり費用をかけたくないと言う人はもっと安く済みます。なので坪単価に応じた建築費用を見ておくといいと思います。

坪数 建築費用
20坪 700万〜1,300万円
25坪 825万〜1,625万円
30坪 1050万〜1,950万円
35坪 1,225万〜2,275万円
40坪 1,400万〜2,600万円
45坪 1,575万〜2,925万円
50坪 1,750万〜3,250万円

大体のハウスメーカーでシリーズかされた住宅は「40坪」ぐらいのものが多いので、「40坪」の費用が比較しやすいと思います。それにしてもこだわりの有無で変わりますが、40坪で1400万は「1坪=35万円」なのでかなり安いですね。

最後に

アイダ設計の事を色々調べて私なりにいい情報をまとめてみたのですがどうでしょうか?

あまりにも安いので不振に思う方もいるかもしれませんが、これは自社で材料確保、設計、建築を行っているから実現できる事なので安心してください。

そして、「アイダ設計ってどんな会社?」でもお伝えしましたが、社員さんのお客さん対応が物凄くいい会社なので、実際に見学に行くと一目惚れしてしまうレベルだと思います。

住宅性能やコスト面についてはお伝えしたので、あとは実際にデザインを見て自分の好きなデザインかを判断して貰えればいい家づくりに繋げられると思います。

家は一生に一度の高い買い物。いい家が建てられるように頑張ってください。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

しばろう

副業ブロガー | ゆるしばブログ運営 【 本業 】ごく普通のサラリーマン ▶︎マイホーム検討時に悩んだ事や参考にした事について配信中 ▶︎いろんなハウスメーカーやいろんな間取りのメリット・デメリットをわかりやすく解説。 ▶︎様々な知識や情報をもとに家を購入して現在では快適な生活を送っています。【 桧家住宅で建築 】

-マイホーム