家づくりの不安や悩みを解決して楽しい家づくり快適な家づくりを始めよう!

注文住宅のキッチン選びでよくある後悔ポイント14選!おすすめのオプションも紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

これから注文住宅を建てるから情報収集をしたい。

中でも「キッチンは絶対に失敗したくない」そうに思っているあなたの為に、注文住宅でキッチンを選んで後悔したという先輩方のポイントをまとめました。

注文住宅の完成後に「こうしておけばよかった」と後悔しないために、同じように注文住宅のキッチン選びを後悔した方の声を参考に、後悔しないためのチェックポイントをわかりやすく解説します。

キッチン設計時の注意点が理解できる内容となっています。

記事を参考に、自分の生活スタイルと家族のニーズに合ったキッチン設計を考えることで、完成後のストレスを軽減できるはずです。

注文住宅のキッチン選びは大切なプロセス。

この記事を読むことで、後悔のない理想のキッチンを手に入れるヒントが得られることでしょう。

注文住宅で作ったキッチンの後悔例14選

キッチンはデザインや機能面で様々な選択肢がありますが、十分に検討しないと後悔することも少なくありません。

この記事では、注文住宅のキッチンでよくある後悔例を14個紹介します。

ワークトップの高さや収納の量など、実際の生活で必要となる機能を考慮していないと、完成したキッチンの使い勝手が悪くなりがちです。

それぞれの項目では、なぜその項目が後悔の原因となるのかを分かりやすく解説しています。

参考になる他人の後悔例を知ることで、自分にあった理想のキッチン設計をしていきましょう。

ワークトップの高さと材質で後悔

キッチンのワークトップの高さや材質をあまり考えずに決めてしまうと、後で使ってみて不便を感じることがあります。

例えば、ワークトップが低すぎると立った姿勢で料理をする時に腰が曲がってしまったり、高すぎると作業中に腕が上がりすぎて疲れてしまったりします。

材質も耐水性や耐熱性、汚れが付きにくさなど、実際に使ってみないと分からない部分があります。

できるだけ自分の作業スタイルに合わせてワークトップの高さと材質を選ぶことが大切です。

スペースが足りなかった

キッチンを設計する時に必要なスペースを少なく見積もってしまうと、後で使ってみて手狭に感じることがあります。

例えば、調理器具を収納するためのスペースが十分でなかったり、二人で同時に作業するのが窮屈だったりする場合があります。

キッチンが手狭だとストレスが溜まるので、ゆとりをもったスペース設計が必要です。

収納スペースも十分に取ることをおすすめします。

吊り戸棚の使い勝手が悪い

キッチンの収納に吊り戸棚を使う場合、奥が見えにくく取り出しにくいといったデメリットがあります。

特に小さなキッチンだと奥の食器や調味料が取り出しづらく、ストレスになることがあります。

吊り戸棚の代わりに引き出しや、前開きの扉の収納を使うと取り出しやすくなります。

吊り戸棚を使う場合は、収納するものを工夫することが大切です。

パントリーが広すぎた

パントリーは食材や調理器具を収納するのに便利なスペースですが、必要以上に広く取ると無駄なスペースになってしまう場合があります。

パントリーの大きさは使う食材の量や収納するものに合わせるのが理想です。

広すぎると掃除が大変になったり、物が見えにくくなったりするので、無理に広くとる必要はありません。

コンセントの数が少ない・位置が悪い

キッチンで電気製品を使う場合、コンセントの数が足りなかったり、位置が使いづらかったりすると不便です。

冷蔵庫やスチームオーブンレンジなど大型の家電製品だけでなく、トースターやミキサー、炊飯ジャーといった小型家電の使用も考えて、コンセントの数と設置位置を計画する必要があります。

使う機器の種類と設置場所を想定しておくとよいでしょう。

食洗機の容量が小さくて不便

食洗機の容量を小さめに選んでしまうと、大量の食器を洗う際に数回に分けて洗わなければならず不便です。

家族構成や食事のスタイルに合わせて必要な容量の食洗機を選ぶことが大切です。

将来的な家族の拡大も考慮に入れておくと後々困らないでしょう。

ゴミ箱を置く位置で後悔

キッチンのゴミ箱の位置は、使い勝手とデザインの両面で慎重に考える必要があります。

水回りに近すぎると汚れが広がりやすく、遠すぎるとゴミを捨てるのが面倒に感じます。

また、見える位置だとインテリアとしてマイナスになる場合も。

ゴミ出しの頻度と、キッチンの動線を考慮して設置位置を決めると良いでしょう。

冷蔵庫の位置に不満

キッチンで冷蔵庫の位置を間違えると、使い勝手が悪くなります。

例えば、コンロに近すぎると調理時の温度変化で効率が悪化したり、動線上にあると通行の障害になったりします。

将来的に大型冷蔵庫に買い換える可能性も考え、冷蔵庫の設置スペースには十分な幅を取ることをおすすめします。

キッチンの収納が少なかった

キッチンには多くの食器や調理器具を収納する必要がありますが、収納スペースが不足すると使い勝手が悪くなります。

日用品だけでなく、使う頻度は低いが必要なアイテムまで考慮して、引き出しや棚の量を設計する必要があります。

食器棚だけでなく、調味料用の収納も充実させることをおすすめします。

勝手口はいらなかった

キッチンの勝手口は、食材の搬入やゴミ出しに便利なように見えますが、必ずしも必要というわけではありません

勝手口を設置すると内部への虫の侵入や、冷気の流入などの弊害があるため、生活スタイルに合わせて必要性を考える必要があります。

使わない場合は、その分のスペースを収納に回すなど工夫してみてください。

水栓をタッチレス式にすれば良かった

キッチンの水栓は、手を使わずに水を出せるタッチレス式(自動式)にすると衛生的で便利です。

料理中に手を洗うときなど、水栓のハンドルに触れる手間が省けるうえ、手がぬれた状態での操作も不要になります。

タッチレス水栓は値段が高めですが、使い勝手の良さでコストパフォーマンスが高いです。

シンクを広くすれば良かった

キッチンのシンクは、食器洗いや調理作業をする上で重要な空間です。

しかし、必要以上に狭く設計してしまうと、大量の食器を洗う時や大きな料理を作る時にスペースが足りなく感じます。

将来、大きいものと買い替えることも考慮して、できるだけゆとりのある幅のシンクを選択することをおすすめします。

広いシンクがあれば作業効率も上がります。

ニオイや油汚れが広がる

キッチンでは調理の過程でニオイや油汚れが発生しやすく、その対策が必要です。

例えば、換気扇の性能をよく確認し、適切な吸引力が得られるものを選ぶことが大切です。

コンロ周りにはレンジフードを設置することで、ニオイや油汚れの拡散を防ぐことができます。

清掃しやすい材料の選択も、油汚れ対策に効果的です。

調理・配膳効率が悪い

キッチンで調理効率を上げるには、動線を考えた設計が重要です。

冷蔵庫、流し、コンロ、収納などの配置を工夫し、移動距離が短くなるようにします。

また、配膳スペースを確保しておくことで、料理の取り分けや盛り付けがスムーズに行えます。

調理動線と必要なスペースを想定して設計することが大切です。

スポンサーリンク

注文住宅のキッチン選びで後悔しないためのポイント

ポイント

キッチンは、注文住宅を設計するうえで重要な空間です。

デザインや機能を誤ると、完成後に大きな不満が残る可能性があります。

ここでは、後悔しないためのキッチン設計のポイントを4つ紹介します。

キッチンの高さ

キッチンの作業空間や収納の高さは、使う人の体型や作業スタイルに合わせる必要があります。

例えば、カウンターが高すぎると作業しづらかったり、低すぎると腰への負担が大きくなったりします。

立ったまま調理するのか、椅子に座って調理するのかも考慮して、自分にぴったりの高さを設計しましょう。

収納の量や位置

キッチンには多くの食器や調理器具を収納する必要があります。

日用品から滅多に使わないアイテムまで、実際に収納する物を想定して、引き出しや棚の量を計画することが大切です。

収納の位置も、取り出しやすさと使い勝手を考えて決めましょう。

お手入れのしやすさ

キッチンでは油汚れや水滴が付着しやすく、常に清潔を保つのが難しい場所です。

そのため、お手入れがしやすい素材や配置を選ぶことが重要です。

コーナー部分には泥やほこりが溜まりやすいので、清掃しやすいような作り付け収納を検討するとよいでしょう。

コンセントの位置と数

キッチンでは多くの電気製品を使用します。

冷蔵庫を始め、電子レンジ、炊飯ジャー、ミキサーなど、小型家電も含めて必要なコンセントの数と位置を想定しておきましょう。

使い勝手が良い高さと、製品の大きさに合わせた間隔でコンセントを配置することをおすすめします。

スポンサーリンク

キッチンで後悔しないおすすめの便利なオプション

キッチンには様々な便利なオプションを加えることができます。

ここでは、後で後悔しないためにおすすめのアイテムを4つ紹介します。

手をかざすタッチレス水栓

タッチレスの水栓は、衛生面と操作のしやすさからおすすめです。

水滴のついた手でも操作でき、料理中の手洗いがスムーズになります。

自動で止水するので、水のムダも防げる便利なアイテムです。

食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機は、大量の食器洗いを短時間で完了できるので大変便利です。

手洗いだと時間がかかる上に、水滴が残ったり油が落ち切らなかったりしますが、この機械なら衛生的に乾燥まで完了します。

水や洗剤による手荒れが無くなるのが嬉しいポイントですね。

セラミックのワークトップ

キッチンのワークトップには丈夫でお手入れしやすいセラミックをおすすめします。

耐熱性や耐水性に優れ、傷も付きにくい高級な素材です。

汚れても洗浄が簡単なので、衛生的な調理空間を保てます。

自動洗浄機能付きレンジフード

油脂フィルターの洗浄が大変なレンジフードですが、自動洗浄機能があると便利です。

設定時間で自動的に洗浄し、手間をかけずに常に清潔な状態を保てます。

洗浄してくれない部分は手動洗浄が必要ですが、大幅に負担が減る機能です。

スポンサーリンク

まとめ:注文住宅のキッチン選びでよくある後悔ポイント14選!おすすめのオプションも紹介

注文住宅のキッチンは、実際に生活してみないと手狭さや動線の悪さなどが分からないので、後悔するケースが多いのが現状です。

しかし、事前に十分な検討を重ねれば、後悔のないキッチンを手に入れることができます。

キッチン設計で大切なポイントは以下の通りです。

  • 日常の料理スタイルに合った動線と必要なスペースを想定する
  • 収納力のある間取りと収納量を確保する
  • 掃除しやすい素材とレイアウトを選択する
  • コンセントの数と位置を充実させる
  • 使い手の作業姿勢に合わせたカウンターの高さを設計する

注文住宅のキッチン選びに時間をかけ、納得のいく計画を立てることで、完成後の後悔を防ぐことができます。

キッチンの機能面を重視し、自分の生活スタイルに合った間取りを考えることをおすすめします。

注文住宅のキッチン選びは大切なプロセスです。

ご自身の暮らしをイメージしながら、機能性と使い勝手の高いキッチンを手に入れてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする