マイホーム

桧家住宅が考える“ 家族のため”の間取り『コミュニケーションブリッジ』

しばろう
どうも、ゆるしばブログ管理人
しばろうです

早速ですが、最近の家の間取りっていろんな物がありますよね。

 

今回はその間取りについてお話をします。

 

今、わたし自身が新築を購入することになりいろんな間取りを調べているんですけど、家もどんどん進化しているなぁという印象を受けています。

 

そんな中で我が家では、妻が以前から興味を持っていた“リビング階段”リビング階段を取り入れることにしました。

 

正直、あまり家についての知識がないわたしとしては「リビング階段ってなんだろう?」って感じでした。

 

そして、それに輪をかけて我が家が契約した桧家住宅では『コミュニケーションブリッジ』という間取りが存在するのです。

 

コミュニケーションブリッジってなんだろう?
あなた

って感じですよね?

 

安心して下さい。その疑問、ちゃんと解決しますよ。

 

コミュニケーションブリッジとは

先程も少しお話ししましたが、「コミュニケーションブリッジ」は桧家住宅特有の間取りなんです。

 

このコミュニケーションブリッジ一言で言い表すと…………

 

ごめんなさい、一言では言い表せませんでした。(笑)

 

一般的な間取りで例えると

 

【 リビング階段+中二階 】

 

の複合間取りとなります。

 

【 リビング階段+中二階 】ってどんな感じ?

もう少し詳しく説明しますね。

 

「リビング階段」も「中二階」も聞いただけでパッとイメージが湧くと思います。

 

 

リビング階段はそのままですが、家族の憩いの場“リビング ”から二階へとつながる階段のことです。

 

リビング階段のメリットとしては家族が家の中で顔を合わせやすいというのが上げられます。

 

二階に上がる階段が玄関直通という間取りだと一日に一回も家族と顔を合わせない可能性があるので、リビング階段は思春期のお子さんがいるお父さん、お母さんにとって人気の間取りとなってます。

 

 

中二階については階段と階段の間にある“踊り場”を思い浮かべるんじゃないでしょうか。

 

その中二階ってあくまで踊り場なので、何かをするスペースではないですよね。

 

その仕様用途の少ない踊り場を実用的なものにしたのがコミュニケーションブリッジなんです。

 

コミュニケーションブリッジにすること間取りに影響は?

コミュニケーションブリッジを取り入れることによって少なからず間取りに影響が出ます。

 

その影響には

 

  • コミュニケーションブリッジの上は吹き抜けになる
  • 階段下の収納スペースが狭くなる

が上げられます。

 

最近では【 開放的な空間 】が人気なので吹き抜けを採用する方が多いようですが、これには室内温度の問題が出てきますので人によっては大きなデメリットになり得ると思います。

 

まぁ、桧家住宅には『Z空調』という強い味方がついているのでさほど問題ないと思いますけどね。

 

(こちらの記事を読むと詳しいことがわかります:桧家住宅の推し!!【 Z空調 】の評判 メリット・デメリットとは?)

 

階段下の収納スペースが狭くなるについても大きなデメリットとなる方がいるかもしれません。

 

ですが、桧家住宅ではこの狭くなってしまう収納スペースをうまく使うプランも用意しているのできっと通常の収納スペースとして使うよりも満足できると思います。

 

 

コミュニケーションブリッジの使い方

続いてはコミュニケーションブリッジの使い方について紹介していきます。

 

コミュニケーションブリッジの使用例

 

  • パソコンルーム
  • 勉強スペース
  • お母さんの作業スペース
  • 趣味の空間

 

などが例として上げられます。

 

パソコンルーム

最近では新型コロナウイルスの影響もあり在宅ワークをするお父さんが増えていますよね。

 

でも在宅ワークを見越して家を作っている人は少ないはず、そんな状況下で力を発揮するのがコミュニケーションブリッジです。

 

残念ながらリビングと二階の間に位置するので遮音性は皆無ですし、開放的な空間が目的の間取りなので「1人で集中する」という状況を作るのは難しいですが、『作業する空間』としては大活躍間違いなしです。

 

 

子供の勉強スペース

大体の家庭ではお子さんの勉強は子供部屋ですることを想定していると思います。

 

そうすると「自分の子はちゃんと勉強しているのかな?」と少し心配になる方もいるんじゃないでしょうか?

 

もしくは、リビングやダイニングで勉強させている家庭もありますよね。

 

リビングで勉強させているご家庭だとご飯ができても片付けないとすぐに料理を運べないので面倒ですよね。

 

そんな両方の悩みがコミュニケーションブリッジを勉強スペースにすることで解決するんです。

 

コミュニケーションブリッジはリビングとキッチンの両方から見えるように設計されているので、お子さんが勉強している様子もわかりますし、料理をしながらお子さんの面倒が見れるのでお母さんから人気なんです。

 

 

お母さんの作業スペース

これは先程の「お子さんの勉強スペース」とは逆で、リビングで遊んでいるお子さんを見ながらお母さんが自身の作業ができるんです。

 

まだお子さんが小さい家庭では裁縫道具などをテーブルに置いておくと子供の誤飲などの危険があるので作業に集中できないと思います。

 

コミュニケーションブリッジで作業すると「お子さんの事故」を防ぐことができるのでおすすめです。

 

趣味の空間

コミュニケーションブリッジの広さは大体“3畳”ぐらいのスペースがあり、カウンターの部分に大人が2人座っても窮屈にならない広さがあるので趣味の空間としても十分に活躍できます。

 

またカウンターの背後もそれなりに空間があるので小さなラックお置いて趣味の道具を収納したりするのにも適しています。

 

 

これらの使用例はほんの一例に過ぎないので、工夫をすればもっといろんな使い方ができる楽しいスペースとなっています。

 

 

まとめ

今回は『桧家住宅のコミュニケーションブリッジ』について紹介しましたが何となくどんなものなのかわかっていただけたでしょうか?

 

桧家住宅の中でも限られたプランでしか取り入れられない間取りで家の中のレイアウトに一部制限が出てしまいますが、その制限を差し引いてもメリットの方が多いことが理解できたと思います。

 

新型コロナの影響で在宅ワークを強いられているお父さんや、絶賛子育て中のお母さん、思春期のお子さんがいるご家庭に優しい作りになっているので新築購入を考えている方は検討してみてください。

 

素敵な家づくりができますように。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

しばろう

副業ブロガー | ゆるしばブログ運営 【 本業 】ごく普通のサラリーマン ▶︎マイホーム検討時に悩んだ事や参考にした事について配信中 ▶︎いろんなハウスメーカーやいろんな間取りのメリット・デメリットをわかりやすく解説。 ▶︎様々な知識や情報をもとに家を購入して現在では快適な生活を送っています。【 桧家住宅で建築 】

-マイホーム